龍ヶ沢湧水(磐梯西山麓湧水群)

龍ヶ沢湧水

福島県耶麻郡磐梯町に湧く、磐梯西山麓湧水群の代表格が龍ヶ沢湧水(りゅうがさわゆうすい)。江戸時代には会津藩の命で、旱魃に襲われても涸れることがない湧水のため、磐梯山(噴火以前)、慧日寺(えにちじ)と並び大規模な雨乞いが行なわれた霊地。環境省の名水百選に選定、国の史跡にもなっています。

古代から雨乞いが行なわれた聖なる泉

湧水地にあるのは、直径4m、深さ30㎝ほどの小池(湧水池)。
磐梯山慧日寺資料館横の庭園に引水され、利用することができます。

地質的には、猫魔火山の噴出物である羽山溶岩流の末端部にあたり、地下水が溶岩の割れ目から湧き出すもの。
水脈では、雄国沼の伏流水とも推測されています。

磐梯山ジオパークのジオサイトにもなっています。

磐梯西山麓湧水群には龍ヶ沢湧水のほか、大清水、法正尻清水などがあり、磐梯町の水道は日本名水百選にも選ばれた湧水と地下水を利用しています。

福島県内にある名水百選は、磐梯西山麓湧水群のほかに、小野川湧水(北塩原村)があります。

名称 龍ヶ沢湧水(磐梯西山麓湧水群)/りゅうがさわゆうすい(ばんだいにしさんろくゆうすいぐん)
所在地 福島県耶麻郡磐梯町磐梯戒壇
関連HP 磐梯町公式ホームページ
電車・バスで JR磐梯町駅から徒歩35分
ドライブで 磐越自動車道磐梯河東ICから約4km
駐車場 慧日寺跡駐車場を利用
問い合わせ 磐梯町観光協会 TEL:0242-74-1214/FAX:0242-73-2115
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
小野川不動滝(小野川湧水)

小野川不動滝(小野川湧水)

磐梯高原の小野川湖に流れ込む小野川上流の不動沢に懸かる落差25mの滝が小野川不動滝。地形的にはすぐ北東の高原状となった高台にグランデコリゾート(裏磐梯グランデコ 東急ホテル)がありますが、深い谷に懸かるため秘瀑的な滝となっています。環境省の

百貫清水(小野川湧水)

百貫清水(小野川湧水)

百貫清水は、小野川湖に流れ込む小野川の源流部に位置する湧水で、「小野川湧水」として環境省の名水百選にも選定。小野川の源流部は、原始性の高いブナの森があり、それが水源涵養の森として作用して湧水群を生み出しています。百貫清水という名は、その水が

環境省「名水百選」 東北12名水

昭和60年3月に環境庁(現・環境省)が選定した「名水百選」(昭和の名水百選)。「保全状況が良好」で「地域住民等による保全活動がある」のが名水の条件で、東北6県からは各県仲良く2ヶ所ずつ合計12ヶ所の名水が選定されています。ブナの森に湧く水、

慧日寺跡

慧日寺跡

福島県磐梯町にある東北では開基が明らかな最古の寺院の跡が史跡慧日寺跡(えにちじあと)。南都法相宗の高僧・徳一(とくいつ)が大同元年(806年)、石梯山に建立した寺。徳一は、最澄と論争するなど、最澄・空海と並ぶ奈良時代の高僧ですが、長岡京遷都

磐梯山慧日寺資料館

磐梯山慧日寺資料館

福島県耶麻郡磐梯町、東北の仏教文化発祥の地といえる慧日寺(えにちじ)。国の史跡となった広大な慧日寺跡に建つビジターセンターが磐梯山慧日寺資料館。慧日寺関連の遺構の保存・公開・活用を目的として昭和62年に開館。慧日寺の歴史、慧日寺と山岳信仰、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ