比叡山延暦寺・大黒堂

ユネスコ世界文化遺産に登録される比叡山延暦寺。比叡山の山上に展開する堂宇群の中心、東塔(とうどう)にある大黒堂は、最澄が比叡山へ登った折、この地において大黒天を感得したと伝わる霊域で、「日本の大黒天信仰の発祥の地」。大黒天の縁日である甲子の日などに『甲子会』、『法楽会』という法要が行なわれています。

本尊は秀吉も出世を祈願した「三面出世大黒天」

最澄が比叡山を開いた際、この地で大黒天を感得し、三面大黒天を自刻、安置。
戦国時代には、羽柴秀吉がこの三面大黒天に出世を祈願し、太閤にまで昇りつめたことから「三面出世大黒天」と呼ばれるようになったとか。

本尊の大黒天は、三面六臂大黒天(さんめんろっぴだいこくてん)で、米俵の上にのり、食生活を守る大黒天を中心に、右に勇気と力を与える毘沙門天、左に美と才能を与える弁財天が控え、さらに合わせて6本の手には如意宝珠、智慧の利剣などを持っているのです。

大黒堂「三面出世大黒天」の法要日程(甲子会=大般若転読によるご祈祷法要、法楽会=法華経読誦によるご祈祷法要)は、比叡山延暦寺の公式ホームページを参照。

比叡山延暦寺・大黒堂 DATA

名称 比叡山延暦寺・大黒堂/ひえいざんえんりゃくじ・だいこくどう
所在地 滋賀県大津市坂本本町4220
関連HP 比叡山延暦寺
電車・バスで JR比叡山坂本駅、または京阪石山坂本線坂本駅から比叡山坂本ケーブルで11分、延暦寺駅下車
ドライブで 名神高速道路京都東ICから約17km
駐車場 270台(延暦寺東塔駐車場)/無料
問い合わせ TEL:077-578-0001/FAX:077-578-0678
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

大津・琵琶湖畔に泊まるなら、公共の宿も狙い目!

2018年7月31日

取材班おすすめ! 大津に泊まるならリゾートホテルに予約を!

2018年7月31日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ