天神泉源(金泉)

天神泉源(金泉)

有馬温泉(兵庫県神戸市北区有馬町)の温泉街に7ヶ所ある源泉のひとつで、菅原道真を祀る天神社の境内に湧く源泉が天神泉源。有馬温泉の金泉と呼ばれる含鉄・ナトリウム・塩化物強塩高温泉の中心的な泉源で、地下206mから湧出しています。泉温は98.2度と高く、湧出量は毎分28リットル。

湯煙をバックに記念撮影が可能

有馬温泉の歴史ある天神社境内に湧いています

地下206mから汲み上げられる金泉で、湯気がモクモクと立ち上る泉源は間近で見学することができ、湯煙をバックに記念撮影も可能。
高台にあるので温泉街の眺めもなかなかのもの。

鉄分の含有量が多いので、無色透明な温泉も空気に触れるとすぐに赤褐色に変化してしまいます。
鉄分を多く含んだ「金泉」は、このほか天神泉源近くの有明泉源、御所泉源、極楽泉源、妬泉源から湧き出しています。

ちなみに天神社は、平安時代中期の天元2年(979年)、有馬温泉の鬼門除けとして京の北野天満宮の分霊を勧請して創建したという古社。
天神泉源が有馬温泉を代表する源泉というだけでなく、一帯が歴史的、信仰的にも有馬温泉の中心地的な存在であることがよくわかります。

金泉(天神泉源)に最も近い立ち寄り湯(外来入浴可能な施設)としては有馬温泉の温泉寺、十二神将ゆかりの旅館「上大坊」(かみおおぼう)で、天神泉源の温泉が源泉かけ流しで楽しむことができます(源泉に近いので酸化していません)。

名称 天神泉源(金泉)/てんじんせんげん(きんせん)
所在地 兵庫県神戸市北区有馬町14-2
関連HP 有馬温泉観光協会公式ホームページ
電車・バスで 神戸電鉄有馬温泉駅から徒歩8分、または六甲・有馬ロープウェー有馬駅から徒歩12分
ドライブで 阪神高速道路北神戸線有馬口ICから約3km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 有馬温泉観光協会 TEL:078-904-0708
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
極楽泉源(金泉)

極楽泉源(金泉)

有馬温泉(兵庫県神戸市北区有馬町)の温泉街に7ヶ所ある源泉のひとつで、極楽寺の裏手にあるのが極楽泉源。細い路地の奥にあるので見落としがちですが、豊臣秀吉が造らせた湯殿「湯山御殿」へ温泉を送っていたのは実はこの源泉。つまり豊臣秀吉やねね、諸大

炭酸泉源(銀泉)

炭酸泉源(銀泉)

兵庫県神戸市北区有馬町にある歴史ある源泉が炭酸泉源(銀泉)。極楽泉源(鉄分の含有量が多い金泉)からタンサン坂と呼ばれる坂を上ると炭酸泉源公園があり、ここに湧いているのが炭酸泉源。有名な有馬温泉の「炭酸煎餅」はこの温泉を使ったのが起こり。地下

日本三名泉

日本三名泉とは!?

温泉のベスト3を表す、日本三名泉。江戸時代初期の儒学者で歴史書『本朝通鑑』を著すなど博物学者的な資質のあった林羅山が選んだ三名泉が草津温泉(群馬県草津町)、下呂温泉(岐阜県下呂市/当時は下呂ではなく湯島と表記)、そして有馬温泉(兵庫県神戸市

日本三古湯

日本三古湯とは!?

日本三古湯(にほんさんことう)は、白浜温泉(和歌山県白浜町)、有馬温泉(兵庫県神戸市)、そして道後温泉(愛媛県松山市)の三湯を数えるのが一般的。いずれの温泉地も『日本書紀』など、神代の時代にまで遡ることができる温泉で、共通するのは三湯とも効

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ