弥治郎こけし村

弥治郎こけし村

宮城県白石市、鎌先温泉近くにある「弥治郎こけし」発祥地がこけしのふる里・弥治郎集落にある施設が、弥治郎こけし村。弥治郎集落は。木地師(きじし)が轆轤(ろくろ)を用いて木地挽きを営なむ集落で、弥治郎こけし村ではこけしの絵付け体験も可能です。

こけしの絵付け体験も人気

弥治郎こけしが作られ始めた年代は定かでありませんが、江戸時代後期の天保年間(1830年〜1844年)にはすでに存在したと推測されています。
江戸時代から始まった半農半工の木地業、こけしづくりは、今も続き、工人たちが弥治郎集落に工房を構えています。

ベレー帽のようなろくろ線の下に2~3色の飾りや赤に手絡(てがら・日本髪の髪の飾り)が付き、ろくろ模様が多用された胴体が弥治郎こけしの特徴。
宮城伝統こけしとして国の伝統工芸品に指定されています。

1階は、弥治郎こけしなどこけし歴史紹介する展示室、2階が展示販売コーナーと絵付け体験コーナーになっています。
集落内には「工房やじろう」など工房があり、直接購入することも可能。

日本最大のこけしの祭典『全日本こけしコンクール』は、毎年5月1日〜5月3日に、白石市で開催されています。

弥治郎こけし村
絵付け体験も可能
弥治郎こけし村
名称 弥治郎こけし村/やじろうこけしむら
所在地 宮城県白石市福岡八宮弥治郎北72-1
関連HP 白石市公式ホームページ
電車・バスで JR白石蔵王駅からタクシーで20分
ドライブで 東北自動車道白石ICから約8km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 弥治郎こけし村 TEL:0224-26-3993/FAX:0224-26-3993
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ