鬼首かんけつ泉(鬼首間歇泉)

鬼首かんけつ泉(鬼首間歇泉)

宮城県大崎市、地獄地帯が点在する鬼首温泉(おにこうべおんせん)のひとつ吹上温泉にあるのが鬼首かんけつ泉(鬼首間歇泉/おにこうべかんけつせん)。吹上とは文字通り温泉が吹き上げることに由来する地名。間歇泉は「弁天」と「雲竜」の2本があり、弁天は日本最大級の間歇泉で必見です。一帯は公園化され有料施設になっています。

日本屈指のダイナミックな間歇泉

鬼首かんけつ泉(鬼首間歇泉)

鬼首間歇泉「弁天」は、100度以上という熱湯が地下20mから10分ごとに噴出し、その高さは15m~20mに及びます。

もうひとつの雲竜は10分〜20分ごとに4m~5mの高さに噴出。
竜が立ち昇るように見えることがその名の由来です。

入園料が必要ですが、温泉卵作り体験、足湯なども利用できるほか、食堂では笹巻きおこわセット、なめこそばなどを味わうことができます。

研究の結果、噴出のメカニズムは、「弁天」が、地下にある空洞に地下水が溜まり、これを火山の熱源が噴騰させて噴出するタイプ、「雲竜」が垂直の穴に地下水が流れ込み、その下の火山熱で噴騰して吹き出すものと推測されています。

鬼首かんけつ泉(鬼首間歇泉)
名称 鬼首かんけつ泉(鬼首間歇泉)/おにこうべかんけつせん
所在地 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首吹上12
関連HP 鬼首かんけつ泉公式ホームページ
電車・バスで JR鳴子温泉駅から大崎市営バス田野原方面行きで28分、間歇泉前下車、すぐ
ドライブで 東北自動車道古川ICから約40.6km
駐車場 20台/無料
問い合わせ TEL:0229-86-2233
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
間欠泉 全国9ヶ所★完全ガイド

間欠泉 全国9ヶ所★完全ガイド

アメリカのイエローストーン国立公園、アイスランドのストロックル間欠泉など、世界的には間欠泉が噴出する場所が数多くありますが、実は火山帯が縦横に走る日本列島は「温泉列島」でもあり、各地に間欠泉があります。見学できる間欠泉は、人工的に噴出をサポ

鳴子温泉

鳴子温泉

宮城県大崎市にある鳴子温泉郷は374ヶ所の源泉を誇る大温泉郷。日本にある11種の温泉のうち9種類の温泉が揃い「温泉のデパート」とも呼ばれています。その中心的な温泉が鳴子温泉で、秋保温泉(宮城県仙台市)、飯坂温泉(福島県福島市)とともに「奥州

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ