地獄谷遊歩道

地獄谷遊歩道

宮城県大崎市鳴子温泉、吹上温泉にある温泉地獄を探勝する全長1kmの探勝路が地獄谷遊歩道。別名地獄沢と呼ばれる吹上沢周辺の紫地獄、まんだら地獄、雷の湯など湧出地帯を探勝する散策路。岩の間から大小さまざまの間歇泉が湯煙をあげて噴出する様を観察できます。

迫力ある温泉地獄を散策

地獄谷遊歩道は全長1km、所要30分ほど。
とくに新緑や紅葉シーズンは見事。
鳴子峡の紅葉は有名ですが、地獄沢は穴場的存在になっています。
熱湯の噴出する場所は一部立ち入り禁止にもなっていますが、吹上沢の川沿いには湯温が入浴に最適な湯壺もあり、以前は「野湯」を楽しんだ強者もいたといいますが、大変危険。
生たまごを持ち込めば、指定の場所で、自分で温泉たまごを作ることもできます。

熱泉が噴出する場所も多いのでファミリーなどは注意が必要。

ちなみに鳴子火山は、カルデラとその中央部の溶岩ドーム群からなる活火山。
火口湖・潟沼の西には溶岩ドームが聳えています。
地獄谷遊歩道近くには、鬼首かんけつ泉もあるので合わせて探勝を。

地獄谷遊歩道
名称 地獄谷遊歩道/じごくだにゆうほどう
所在地 宮城県大崎市鳴子温泉鬼首
関連HP 大崎市公式ホームページ
電車・バスで JR鳴子温泉駅から大崎市営バス田野原方面行きで28分、間歇泉前下車、徒歩10分
ドライブで 東北自動車道古川ICから約42.8km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 鳴子総合支所地域振興課 TEL:0229-82-2026/FAX:0229-82-2533
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
鬼首かんけつ泉(鬼首間歇泉)

鬼首かんけつ泉(鬼首間歇泉)

宮城県大崎市、地獄地帯が点在する鬼首温泉(おにこうべおんせん)のひとつ吹上温泉にあるのが鬼首かんけつ泉(鬼首間歇泉/おにこうべかんけつせん)。吹上とは文字通り温泉が吹き上げることに由来する地名。間歇泉は「弁天」と「雲竜」の2本があり、弁天は

潟沼

潟沼

宮城県大崎市、鳴子温泉の南東1kmにある神秘的な湖が潟沼(かたぬま)。摩周湖、洞爺湖、十和田湖などと同様のカルデラ湖で、平安時代初期の承和4年(837年)に鳴子火山の火山活動の記録がありますが、その火山活動で誕生した湖だと推測されています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ