潟沼

潟沼

宮城県大崎市、鳴子温泉の南東1kmにある神秘的な湖が潟沼(かたぬま)。摩周湖、洞爺湖、十和田湖などと同様のカルデラ湖で、平安時代初期の承和4年(837年)に鳴子火山の火山活動の記録がありますが、その火山活動で誕生した湖だと推測されています。潟沼一周は徒歩30分ほど。湖から眺める胡桃ヶ岳(461.1m)も印象的。

平安時代初期の爆発で誕生!?

『続日本後紀』承和4年(837年)4月16日条に「加以山燒谷塞。石崩折木。更作新沼(新沼を作り)。沸聲如雷。」とあり、この新沼が潟沼だと推測されています。
「沸聲如雷」と記されるほどの轟音(ごうおん)が轟いたため、湧出した温泉を鳴声(なきご)の湯と名付けたのが鳴子という地名の由来となっています。

明治時代からは潟沼で硫黄の採掘が行なわれましたが、硫黄鉱山も昭和43年に廃鉱となっています。
世界有数の強酸性のため生物は棲息しませんが、ユスリカ(吸血しない蚊)のみが湖で営みをもっています。
湖畔の「潟沼レストハウス」では温泉水を使ったコーヒーや軽食も可能。
ロウボートも用意されています。

鳴子温泉から車道も通じているので気軽に探勝できます。

名称 潟沼/かたぬま
関連HP 大崎市公式ホームページ
ドライブで 東北自動車道古川ICから約31km
駐車場 潟沼レストハウス駐車場(20台/無料)
問い合わせ 鳴子温泉郷観光協会 TEL 0229-82-2102/FAX 0229-83-2094
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ