波崎砂丘

波崎砂丘

神栖市(かみすし)の利根川河口寄り(南側)、鹿島灘沿いに広がる全長20kmにも及ぶ大砂丘が波崎砂丘(はさきさきゅう)。あまり知られていませんが、実は単一の砂丘としては「日本一の長さ」を誇っています。砂丘には波崎が南限といわれるハマナスをはじめ、テリハノイバラ、ハマボウフウ、ハマヒルガオ、スカシユリなどの海浜植物も観察できます。

長さ20km、単独砂丘では日本一長い砂丘

波崎砂丘

鹿島灘沿いに続く崖に露出する砂層が浸食を受け、海岸に風などで飛ばされて砂丘を形成したもの。

熱帯アメリカ原産のウチワサボテンの群生地があり、6月〜8月に黄色い花を咲かせますが、なぜこの地に自生するようになったかは定かでありません。

波崎海水浴場の北側には波崎海岸砂丘植物公園が整備され、散策路を使って海浜植物の観察が可能です(駐車場、水洗トイレが完備)。

オートキャンプ場や温浴施設がある日川浜海岸(日川浜海水浴場)は砂丘が浜の背後に迫り迫力があり、記念撮影にも絶好。
一帯の砂丘は広いところで幅2kmにも及んでいます。
日川浜海岸で、目を南に転じれば砂丘に建つ波崎ウィンドファームの12基の風車が並んでいます。
 

波崎砂丘 DATA

名称 波崎砂丘/はさきさきゅう
所在地 茨城県神栖市谷田部・波崎
関連HP 神栖市公式ホームページ
電車・バスで JR銚子駅からタクシーで15分
ドライブで 東関東自動車道潮来ICから約20km
駐車場 日川浜海水浴場駐車場(400台/無料、海水浴シーズンは有料)
問い合わせ 神栖市商工観光課 TEL:0299-90-1217/FAX:0299-90-1211
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ