金峯山寺・銅の鳥居

銅の鳥居

宮島の朱丹の大鳥居(重要文化財)、四天王寺の石の鳥居(重要文化財)と並んで「日本三大鳥居」に数えられるのが吉野山金峯山寺(きんぷせんじ)の銅の鳥居(かねのとりい)。銅製で、高さ7.5m。こちらも国の重要文化財。鋳銅製の円筒や箱形の部材を組み上げた鳥居としては日本最古のもの。

扁額には「発心門」と記される

扁額にある「発心門」とは、大峯修験道に入る第一門の意味。
大峯山の山上までに、吉野山から山上が岳に至る金峯山での十界の修行を、さらに具体化して、修行の道順を示したもの4つの門があります。
ここが修行に際して俗界を離れ、菩提心を発する「発心門」として重視されていました。
修験者は鳥居に手を触れ「吉野なる銅の鳥居に手をかけて弥陀の浄土に入るぞうれしき 唵阿毘羅吽欠蘇婆訶(オンアビラウンケソワカ) 南無高祖神変大菩薩」と三度唱えて柱を周り入山。
修験者はここで俗世間から離れることになるのです。
ちなみに、阿毘羅吽欠蘇婆訶(アビラウンケンソワカ)とは大日如来に祈るときの呪文 (じゅもん)。

この先、120kmにも及ぶ厳しい修験の道(大峯奥駈道)が続きます。
第二の鳥居は金峯神社の修行門(苦しい修行の始まりを告げる門)、第三、第四は山上ヶ岳の等覚門(仏の悟りに等しく、後は最後の荒行・西の覗きを残すのみ)と妙覚門(妙覚は仏の無上の悟りを意味し、仏地に到達したことを宣言する門)。
修験道の発祥の地、吉野らしい4つの門となっているのです。

銅の鳥居の創建は定かでありませんが(奈良大仏の建立の際に余った銅でという俗説もある)、貞和4年・正平3年(1348年)、南北朝の戦いで高師直の兵火により蔵王堂とともに焼失。
現存する鳥居は康正元年(1455年)頃の再建と推測されます。

名称 金峯山寺・銅の鳥居/きんぷせんじ・かねのとりい
所在地 奈良県吉野郡吉野町吉野山
関連HP 金峯山寺公式ホームページ
電車・バスで 近鉄吉野線吉野駅からロープウェイで吉野山駅下車、徒歩10分
ドライブで 西名阪自動車道郡山ICから約34km
駐車場 下千本駐車場(100台/観桜期は有料)
問い合わせ TEL:0746−32−8371/FAX:0746−32−4563
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本三大鳥居

日本三大鳥居とは!?

鳥居というと神社を連想し、神社の入口に立つものと思われがちですが、日本三大鳥居(日本三鳥居)に数えられる吉野山金峯山寺・銅の鳥居(かねのとりい)、四天王寺・石の鳥居、安芸の宮島・朱丹の大鳥居は、すべて神仏習合時代のもの。金峯山寺、四天王寺は

四天王寺・石鳥居

四天王寺・石鳥居

大阪市天王寺区にある日本最初の官寺・四天王寺(聖徳太子建立七大寺のひとつ)。中心伽藍の西側、西門のさらに外側に立つのが石鳥居。鎌倉時代の永仁2年(1294年)、四天王寺別当となった忍性(にんしょう)が石造の明神鳥居として再建したもので、国の

厳島神社・大鳥居

厳島神社・大鳥居

安芸(あき=元・広島県西部)の宮島に鎮座する厳島神社は、社伝によれば推古元年(593年)創建という古社。海に浮かぶような現在の社殿配置は、久安2年(1146年)に平清盛が造営を行なっています。社殿から200m沖に建つ大鳥居は、宮島のシンボル

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ