流れ灌頂|延岡市

流れ灌頂

毎年8月18日、宮崎県延岡市の五ヶ瀬川、亀井橋下流河川敷で『流れ灌頂』が行なわれます。水害や水難事故の犠牲者供養のために江戸時代に始まったとされ、現在は、お盆に帰ってきた先祖の霊を見送る行事となっています。延岡市仏教会が主催し、灯籠900個ほどが流します。「水郷」と称される延岡の夏の風物詩にまで成長。

数千人が見守るなか、灯籠が流されます

流れ灌頂は、川施餓鬼(かわせがき=水死人の霊を弔うために、川岸や舟の上で行なう施餓鬼供養)の一種。
河川敷に設けられた慰霊所では、延岡市仏教会34ヶ寺の僧侶が読経し、その後、初盆を迎えた家族や檀家の皆さんが和紙灯籠に火を灯し、五ヶ瀬川に流します。

川面を照らしながら流れていく灯籠の姿は幻想的。

流れ灌頂|延岡市
開催日時 毎年8月18日
所在地 宮崎県延岡市東本小路
場所 五ヶ瀬川 亀井橋下流
関連HP 延岡観光協会オフィシャルサイト
電車・バスで JR延岡駅から徒歩10分
ドライブで 東九州自動車道延岡ICから約4km
問い合わせ 延岡観光協会 TEL:0982-29-2155
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ