塩沢つむぎ記念館

塩沢つむぎ記念館

奈良時代に越後・塩沢地方(現在の新潟県南魚沼市一帯)で織られた麻布が正倉院に保存されているほど、塩沢の織物の歴史は古く、雪深い塩沢で、農閑期の家内仕事の代表が織物でした。塩沢つむぎ記念館は、ユネスコ無形文化遺産、国の重要無形文化財に指定される越後上布をはじめ、塩沢紬、本塩沢、夏塩沢と塩沢の織を紹介するミュージアムです。

塩沢の伝統的な機織りを見学・体験する

塩沢つむぎ記念館
塩沢つむぎ記念館

ユネスコ無形文化遺産、国の重要無形文化財に指定される越後上布も、鈴木牧之(すずきぼくし)が『北越雪譜』(ほくえつせっぷ)に描いた雪深い風土のなかで生まれた織物。
東大寺の正倉院には「庸布」(税の対象物)として納められた麻布が保管されています。
越後上布は、イラクサ科の多年草「苧麻(ちょま)」の繊維を使い、気の遠くなるような作業で木の繊維を卓越した技術で細い糸にし、それを織り上げるもの。
地機(居座機)を使って機織りし、湯揉みと足踏みによって仕上げを行なった生地を、さらに初春に雪晒しによって漂泊しています。
ただし、この越後上布、熟達の技術が必要とされ、非常に高価なため、今では幻の織物になりつつあります。

越後上布の技術を、江戸時代の寛文年間(1661年~1672年)の頃に絹織物に応用したのが「本塩沢(塩沢お召)」の始まり。

縦糸には生糸と玉繭からつくった玉糸と使い、さらに横糸は真綿から紡いだ真綿糸を使って織るのが「塩沢紬」。
たて糸とよこ糸ともに生糸・玉糸の強撚糸「駒糸」を使うのが、通気性のある「夏塩沢」です。

三国街道塩沢宿に建つ記念館の1階(入場無料)は塩沢の織物を使用して製作された生地工芸品を展示販売するコーナーで、小物づくりの体験も可能。
2階(見学料が必要)は織工房・資料室で塩沢の伝統的な織物ができるまでの工程を見学でき、簡単な織物体験が楽しめます。

近くには鈴木牧之記念館も建っているので、時間があればあわせて見学を。

塩沢つむぎ記念館 DATA

名称 塩沢つむぎ記念館/しおざわつむぎきねんかん
Shiozawa Tsumugi Museum
所在地 新潟県南魚沼市塩沢1227-14
関連HP 塩沢つむぎ記念館公式ホームページ
電車・バスで JR塩沢駅から徒歩2分
ドライブで 関越自動車道塩沢石打ICから約8.5km。または、六日町ICから約6.9km
駐車場 8台/無料
問い合わせ TEL:025-782-4888/FAX:025-782-1148
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

鈴木牧之記念館

2018.04.15
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ