弥彦の大鳥居

上越新幹線開通を記念して昭和57年に建立した高さ30.16mという巨大な鳥居が弥彦の大鳥居。弥彦村役場近くの県道29号(吉田弥彦線)に建っています。弥彦神社(正式名は彌彦神社)一の鳥居をモデルにしており、「彌彦神社」と記された社号額の大きさだけでも畳12枚分という巨大さです。

高さ30mの日本有数の大鳥居

主柱を4本の稚児柱で支える両部鳥居としては日本一の規模。

熊野本宮大社・大斎原(おおゆのはら)の鳥居(高さ33.9m/和歌山県田辺市)、大神神社(高さ32.2m/奈良県桜井市)と並び30mオーバーの日本有数の鳥居ということになる。
 

弥彦の大鳥居 DATA

名称 弥彦の大鳥居/やひこのおおとりい
所在地 新潟県西蒲原郡弥彦村矢作7342-4
関連HP http://www.e-yahiko.com/
電車・バスで JR矢作駅から徒歩8分
ドライブで 北陸自動車道三条燕ICから約9.5km(20分)
駐車場
問い合わせ 弥彦観光案内所TEL:0256-94-3154/FAX:0256-94-5211
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

大神神社

2017年8月3日

大斎原

2017年6月22日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ