どっぺり坂

どっぺり坂

新潟県新潟市中央区西大畑にある40mほどの坂道がどっぺり坂。このあたりは新潟砂丘の傾斜地にあたり、どっぺり坂の上には、かつて旧制新潟高校(現・新潟大学)と寄宿舎である、六華寮(六花寮、りっかりょう/校章は雪の結晶の六花を図案化)の木造洋館が建ち並んでいました。

旧制新潟高校の寮生たちが名付けた「落第坂」

六華寮に暮らす学生たちが坂下にある繁華街・古町(花街)に遊びに出るためには、この坂を上り下りしなければなりません。
しかし、この坂をあまり頻繁に往復して遊んでばかりいると、いつしかダブる、つまり落第する、といわれるようになったのです。
旧制高校らしくハイカラに、ドイツ語で「二重」という意味をもつ「ドッペル」(Doppel)をあて、それがなまって「どっぺり坂」と呼ばれるようになったものです。
ちなみに階段の数も、落第点(60点が合格点数)と同じ59段だったとか。

現在は階段に手すりなども整備され、階段下には「どっぺり坂」と刻まれた石碑が立っています。
坂の上にあった寄宿舎は今はもうありませんが、隣接して旧日本銀行新潟支店長役宅「砂丘館」が残され、往時の雰囲気を今に伝えています。

どっぺり坂
名称 どっぺり坂/どっぺりざか
所在地 新潟県新潟市中央区西大畑町
電車・バスで JR新潟駅から新潟交通バス西循環 、または観光循環で西大畑坂上下車、徒歩1分
ドライブで 日本海東北自動車道新潟亀田ICから約8.2km。または、磐越道新潟中央ICから約7.2km、北陸自動車道新潟西ICから約9km
駐車場 なし/周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
砂丘館(旧日銀支店長役宅)

砂丘館(旧日銀支店長役宅)

明治以降、お屋敷街として開発された新潟県新潟市中央区西大畑町、新潟砂丘の上に建つのが砂丘館(旧日銀支店長役宅)。昭和8年の建築当時、日本銀行新潟支店長役宅として建てられた木造2階建ての近代和風住宅で、設計も日本銀行の技師・平松浅一の手による

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ