白龍大権現(新津屋小路)

白龍大権現(新津屋小路)

新潟県新潟市中央区、本町通りと新津屋小路が交わる角地に建つ、白龍大権現。白龍大権現は、昭和28年、三島郡大河津(おおこうず)に漂着した龍神像を当地に祀ったのが始まり。以来、商売繁盛と縁結びの神様として、また商店街の守り神として、地元の人たちの信仰を集めています。

「新潟の台所」に祀られた商売繁盛の神様

一体二頭の古い龍神像(2匹の大蛇が縄のように絡み合った独特の姿)が信濃川を流れて大河津(おおこうず)に漂着、それを祀ったのが始まり。

新津屋小路はもともと、新津屋小路堀と呼ばれた堀の両側に付けられた小路で、明治5年には二番堀と改められましたが、戦後この堀が埋め立てられ、そこに露天商が集まり、現在の本町中央市場商店街、通称「人情横丁」が生まれています。

白龍大権現(新津屋小路)
名称 白龍大権現(新津屋小路)/はくりゅうだいごんげん(にいつやこうじ)
所在地 新潟県新潟市中央区本町通5番町
電車・バスで JR新潟駅から徒歩25分
ドライブで 日本海東北自動車道新潟亀田ICから約7.9km。磐越道新潟中央ICから約6.6km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
本町中央市場商店街(人情横丁)

本町中央市場商店街(人情横丁)

新潟県新潟市中央区、新津屋小路沿いにあるのが、本町中央市場商店街(人情横丁)。南北に走る本町通沿いのぷらっと本町(本町六商店街)などとともに新潟の台所的な存在になっています。商店街は堀を埋め立てた道路にあり、昭和26年、堀の埋め立てとともに

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ