本町下市場(フレッシュ本町)

本町下市場(フレッシュ本町)

新潟県新潟市中央区、商店街と露店がひとつになったのが本町下市場。別名「フレッシュ本町」とも呼ばれ、本町通12番町、13番町にある商店街です。その歴史は長く、明治初期には始まっていたといわれますが、残念ながら現在は出店数が減少傾向に。

地元では「しも」「下本町」と呼ばれる市場

商店街と露店が渾然一体となったユニークな市場で、野菜や海産物、花、衣料品まで揃います。
魚屋には焼き魚など、食卓に並べるだけで済むような総菜も多く、とても庶民的な雰囲気。
新潟弁が飛び交うのも、地元密着の本町下市場ならではの風景です。

大正15年創業という老舗の「真保餅屋」などで、「やわらかい豆もち」、笹団子、「醤油おこわ」などを買い求めることも可能(保存料を使っていないので、長期保存はできません)。
時間は店により異なるが、ほぼ8:00から17:00の営業、日曜、1月1日・2日が休み。

毎年8月12日には『お盆花市』が開かれています。

ちなみに、本町通14番町には、かつて「新潟遊郭」(十四番町遊郭)があり、妓楼が建ち並んでいました。

本町下市場(フレッシュ本町)
名称 本町下市場(フレッシュ本町)/ほんちょうしもいちば(ふれっしゅほんちょう)
所在地 新潟県新潟市中央区本町通12番町・13番町
電車・バスで JR新潟駅からタクシーで10分
ドライブで 北陸自動車道新潟西ICから約10km。磐越自動車道新潟中央ICから約8km。日本海東北自動車道新潟亀田ICから約8km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 露店市場管理事務所 TEL:025-222-7818
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
ぷらっと本町(本町六商店街)

ぷらっと本町(本町六商店街)

明治時代から続いている市場で、新潟の台所的存在なのが、ぷらっと本町(本町六商店街)。海の幸、山の幸が並ぶ食材の豊富さは新潟ならではのものがあり、新潟沖・佐渡沖で獲れた新鮮な魚介がたくさん並んでいます。寿司屋や料亭もここから仕入れに来るという

本町中央市場商店街(人情横丁)

本町中央市場商店街(人情横丁)

新潟県新潟市中央区、新津屋小路沿いにあるのが、本町中央市場商店街(人情横丁)。南北に走る本町通沿いのぷらっと本町(本町六商店街)などとともに新潟の台所的な存在になっています。商店街は堀を埋め立てた道路にあり、昭和26年、堀の埋め立てとともに

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ