乙和池

乙和池

新潟県佐渡市、佐渡の山上を金井から相川へと抜ける大佐渡スカイライン途中、大平高原東側のブナの森に包まれた秘沼が、乙和池。標高580mほどに位置し、大佐渡スカイラインと呼ばれる新潟県道463号(白雲台乙和池相川線)から遊歩道を600mほど歩いて到達します。

大佐渡スカイライン途中、ブナの森に眠る池

乙和池

ブナ・ミズナラの自然林に囲まれた乙和池には浮島もありますが、実は、この浮島は、新潟県内唯一となる天然の浮島。
浮島の中央に「井戸」と呼ばれるハート型の穴があり、島が浮揚する役目を果たしていると推測されています。
山上に眠る池は、小さな谷が堰き止められて誕生したと推測され、「乙和池の浮島及び植物群落」として新潟県の天然記念物に指定。

池の主の大蛇に見初められて入水した娘・乙和の伝説も残される神秘的な場所。
周辺にはブナ、ハウチワカエデ、ヤマモミジが茂り、新緑、紅葉も見事です。

取材協力/(一社)佐渡観光交流機構

乙和池
名称 乙和池/おとわいけ
所在地 新潟県佐渡市山田1600-2
関連HP 佐渡市公式観光情報サイト
ドライブで 両津港から約26km
駐車場 3台/無料
問い合わせ 佐渡観光交流機構 観光案内所 TEL:0259-27-5000/FAX:0259-23-5030
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大佐渡スカイライン

大佐渡スカイライン

新潟県佐渡市、佐渡ヶ島の金井から大佐渡山脈を縦断し、相川に至る全長25kmの大パノラマドライブコースが、大佐渡スカイライン。両津湾、国仲平野、真野湾などを眼下に収め、佐渡の地形そのままに見下ろすことができるドライブコースです。紅葉の名所でも

交流センター白雲台

交流センター白雲台

新潟県佐渡市、金井と相川を結び、佐渡の山上を越える大佐渡スカイライン(冬季閉鎖)途中、金井側の最初の休憩スポットが、交流センター白雲台。妙見山(1042.2m)の南肩、標高840mの場所にあり、展望デッキからは両津湾、国中平野、小木半島など

大佐渡スカイライン・大平高原

大佐渡スカイライン・大平高原

新潟県佐渡市、佐渡の山上を金井から相川へと抜ける大佐渡スカイライン途中、小仏峠〜乙和池入口間にある標高560mほどの尾根上の平坦部が、大平高原(おおだいらこうげん)。初夏(5月下旬~6月中旬)にはトビシマカンゾウが咲き競いますが、もともとは

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ