野田八幡宮『野田雨乞笠おどり』|刈谷市|2019

野田雨乞笠おどり

2019年8月25日(日)16:00頃~、愛知県刈谷市の野田八幡宮で『野田雨乞笠おどり』が奉納されます。正徳2年(1712年)の記録が残るという雨乞いの儀式。神前で、2人1組の踊り手は太鼓を内に向かい合い、浴衣に赤い襷(たすき)、一文字笠の姿で、両手に桐の木で作った「つろろ」と呼ばれる短いバチを持って踊ります。

野田雨乞笠おどり保存会が伝承

雨乞いの後、願いが叶って恵みの雨に喜んだ農民が、菅笠をかぶって踊り、喜びを表したのが起源と推測できます。
昭和17年を最後に中断していましたが、昭和54年から再び奉納されるようになり、野田雨乞笠おどり保存会が伝統を継承しています(刈谷市の無形民俗文化財)。

吹き鳴らされる法螺貝(ほらがい)に合わせて踊り手が見せる所作にも趣があります。

野田八幡宮は、白鳳5年(676年)創建と伝えられる古社。
武神として武人の崇敬があつく、歴代の刈谷藩主の庇護を受けました。
『野田雨乞笠おどり』は、正徳2年(1712年)の『社家古文書』に記載されていますが、農作に関係して雨乞の願が多かったことがわかります。

野田八幡宮『野田雨乞笠おどり』|刈谷市|2019
開催日時 2019年8月25日(日)16:00頃~
所在地 愛知県刈谷市野田町東屋敷62
場所 野田八幡宮
関連HP 刈谷市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR野田新町駅から徒歩15分
駐車場 なし
問い合わせ 野田雨乞笠おどり保存会(野田自治会事務所内) TEL:0566-45-7538(平日9:00~12:00)
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ