オランダ埠頭

オランダ埠頭

長崎県平戸市、平戸オランダ商館(復元施設)近くにあるのがオランダ埠頭。埠頭といっても海岸の護岸部分に石段が残されているのみですが、石段に恵比寿神が祀られることから別名えびす埠頭とも呼ばれ、商館が建てられていた時の荷揚げ用の階段。1641年11月1日付の『長崎商館資産債権等引継目録』には「水門の青石造階段」と記されています。

オランダ商館の長崎移転(鎖国完成)まで、ここが西洋への玄関口

オランダ埠頭
オランダ埠頭

当時はアーチ型の門があり鎖国時代の「日本の玄関口」としての偉容を誇っていました。
階段状になっているのは潮の干満に対応するため。
東インド会社所有帆船が停泊したと考えられます。

河口側の常夜灯ある場所まで石垣が組まれ、元和2年(1616年)、元和4年(1618年)、寛永16年(1639年)と3回にわたって港湾整備、護岸工事が行われています。
ただし、寛永16年(1639年)に最初の2回よりも海側へと埋め立てが進んだため、元和年間建設の護岸は地中に隠れています。

寛永15年2月28日(1638年4月12日)に終結した島原の乱の影響で、幕府は鎖国政策を強化。
ポルトガル人は日本から追放されましたが、オランダは、オランダ東インド会社平戸商館の第7代商館長ニコラス・クーケバッケルの協力で、原城に立てこもった一揆軍を、デ・ライプ号とベッテン号から砲撃するなどしています。

オランダ商館は幕府の海外事情の貴重な情報源として鎖国下も存続しますが、平戸のオランダ商館は寛永18年(1641年)に長崎出島へ移されているので(鎖国の完成)、江戸時代初期の33年間はこの石段が日本の西欧文化への玄関だったということになります。

オランダ埠頭
オランダ埠頭

オランダ埠頭 DATA

名称 オランダ埠頭/おらんだふとう
所在地 長崎県平戸市崎方町
関連HP 平戸市公式ホームページ
電車・バスで JR佐世保駅前から西肥自動車バス平戸桟橋行きで1時間25分、終点下車、徒歩3分
ドライブで 西九州自動車道(武雄佐世保道路)佐世保みなとICから約36km
駐車場 平戸港交流広場駐車場(50台/2時間まで無料、以降有料)
問い合わせ 平戸市観光課 TEL:0950-22-4111
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
オランダ井戸

オランダ井戸

2018年11月27日
オランダ塀

オランダ塀

2018年11月26日
平戸オランダ商館

平戸オランダ商館

2018年11月23日
幸橋(オランダ橋)

幸橋(オランダ橋)

2018年11月23日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ