近水園

近水園(おみずえん)は、関ヶ原の合戦後、備中足守に所領替えとなった藩主・木下氏の庭園。足守川の水を引き入れた遠州流の池泉回遊式庭園で、江戸初期の大名庭園らしい風情が感じられるのが特徴。岡山後楽園のある岡山市内にあるので、ちょっと無名な感じがしますが、足守藩木下家(豊臣秀吉の親戚!)のこちらも立派な大名庭園です。

足守藩2万5000石の大名庭園

数寄屋造りの吟風閣

足守藩の藩邸(陣屋)の背後に続く宮路山(御殿山)の麓に造られた大名庭園
池には藩主の長寿を象徴する鶴島・亀島を配置。池畔の山際には数寄屋造りの「吟風閣」(ぎんぷうかく)が建っています。
「吟風閣」は6代藩主・木下公定(きのしたきんさだ/公は正しくはハの下に白)が1708(宝永5)年、京の仙洞御所と中宮御所の普請を行なった折、残材で建てたもので、宇野山を借景(しゃっけい)にした眺望が実に見事です。

庭園は現在、公園として一般公開されており、桜、牡丹、紅葉の時期はとくに賑わいをみせています。

足守藩2万5000石の所領は、備中国内(現・岡山県)の上房郡と賀陽郡で、江戸時代後期には2万2000石が陸奥国伊達郡・信夫郡に移されたため、財政は困窮していました。
初期の武家諸法度に「5万石以上の石高の城主を大名」「5万石未満の陣屋クラスを小名」とわけていることからも、大名というよりは、小名というのが正しい小さな藩だったことがわかります。

幕末に大坂(現・大阪市)に適塾を開いた近代医学の祖・緒方洪庵(おがたこうあん)は、足守藩士。

岡山市内にはほかに備中庭瀬藩(板倉家)があり、ひとつの市町村に3つの藩があったという珍しい県庁所在地となっています。

紅葉も見事

木下家定(足守藩主木下家)
足守藩主木下家は、織田信長の家臣で、尾張国朝日村(現在の愛知県清須市)出身の杉原家定(木下家定)が祖。
杉原家定の妹のねね(おね)が木下藤吉郎(後の豊臣秀吉)に嫁ぎ、秀吉が天下人となって、ねねも北の政所(高台院)となります。ねねの実家が秀吉一族として木下姓を名乗ることを許されました。

家康と旧豊臣勢力が激突した関ヶ原の合戦では、2万5000石の姫路城主・木下家定は、北政所を守護する立場から中立を守り、合戦の翌年、1601(慶長6)年に同じ石高で、備中国足守に所領替となり、一時中断があったものの、幕末まで足守藩主を務めています。


 

近水園 DATA

名称 近水園/おみずえん
所在地 岡山県岡山市北区足守803
公式HP http://www.city.okayama.jp/museum/omizuen/index.html
電車・バスで JR足守駅から中鉄バス大井行きで10分、足守郵便局下車、徒歩5分
ドライブで 岡山自動車道岡山総社ICから約5.5km(10分)
駐車場 30台(旧足守藩侍屋敷前)/無料
問い合わせ TEL:086-295-0981

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ