福江城(石田城)

福江城(石田城)

長崎県五島市池田町にある幕末に築かれた福江藩(五島藩)の城が福江城(石田城)。福江藩10代藩主・五島盛成(ごとうもりあきら)の時、異国船の来襲に備え、嘉永2年(1849年)から15年もの歳月をかけ、幕末の文久3年(1863年)にようやく完成をみた城郭です。続日本100名城に選定。

異国船の来航に備えて造られた幕末の海城

福江城(石田城)
大手門が現存

もともと五島氏は、石田陣屋を藩庁としていましたが、五島列島近海に異国船が出現し、幕府に新城の築城願いを出したのです。
築城の許可が下ったのが半世紀後の嘉永2年(1849年)のこと。

異国船の来襲に対する防備、つまり海防のための石火矢台場(砲台)を各郭の隅に備えています。
石田城は、築城された石田の浜にちなんだ呼び名です。

異国船到来を念頭に、城壁の三方が海に面した日本でも唯一の海城となっていますが(当時は城の石垣は外海に面し、波が打ち寄せていました)、完成を見たのは最後の藩主となる五島盛徳(ごとうもりのり)の治世で、文久3年(1863年)。
つまりは、江戸時代最後の城郭ということに。

築城わずかで明治維新を迎えたため、維新後に解体され、実戦では使われていません。

本丸、二の丸、北の丸からなり、内堀、東シナ海を外堀にした縄張り。
海には常灯鼻(じょうとうばな)と呼ばれる灯台を配していました。
築城時の藩主だった五島盛成は、二の丸の西南端に邸宅と庭園を配し、天守はなく、本丸の二重櫓が代用天守として機能、海に面した東側に水門(舟入)を備えるという構造です。

現存するのは、自然石を積み上げた当時の野面積みの石垣、石橋、大手門、二の丸の一角には五島盛成の隠居所となった五島邸と、京・金閣寺の林泉式庭園を模して築かれた五島氏庭園(国の名勝)などで、往時を偲ぶことができます。
五島氏庭園(大名庭園)は、福江島らしく、庭石と築山に鬼岳溶岩を使い、植栽としては亜熱帯植物を配置しています。

また本丸跡には長崎県立五島高等学校、二の丸跡には第35代五島家当主・五島典昭さん(日本で唯一個人で城を所有)が宮司を務める城山神社、五島の歴史や文化を紹介する天守閣を模した、五島観光歴史資料館や五島市立図書館、五島市福江文化会館などがあり、城跡一帯は五島市のカルチャーゾーンになっています。

福江城(石田城)
二の丸跡にある城郭風建築の五島市立図書館
福江城(石田城)
名称 福江城(石田城)/ふくえじょう(いしだじょう)
所在地 長崎県五島市池田町1-2
関連HP 福江市公式ホームページ
電車・バスで 福江港から徒歩10分
ドライブで 福江港から500m
駐車場 五島観光歴史資料館共通駐車場(15台/無料)
問い合わせ 五島市観光物産課 TEL:0959-72-6111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
城山神社(福江城)

城山神社(福江城)

長崎県五島市池田町にある幕末に築かれた福江藩(五島藩)の城が福江城(石田城)。二の丸跡に鎮座するのが城山神社で、その宮司を務めるのは第35代五島家当主・五島典昭さんで、実は福江城(石田城)は、日本で唯一の個人所有の城なのです。第35代五島家

五島氏庭園・隠殿屋敷

五島氏庭園・隠殿屋敷

長崎県五島市池田町にある幕末に築かれた福江藩(五島藩)の城が福江城(石田城)。二の丸跡にあるのが五島家30代当主・五島盛成(ごとうもりあきら)の隠居所として建てられた隠殿屋敷と、その庭園、五島氏庭園で、大名庭園である五島氏庭園は国の名勝に指

五島観光歴史資料館

五島観光歴史資料館

長崎県五島市、五島列島・福江島にある幕末に福江藩(五島藩)の藩庁として築かれた福江城(石田城)。その二の丸跡に建つ、城郭風の博物館が五島観光歴史資料館。平成元年11月12日にオープンした五島の歴史や文化を紹介するミュージアムです。遣唐使、キ

福江武家屋敷通り

福江・武家屋敷通り

長崎県五島市、福江藩(五島藩)の藩庁、福江城(石田城)の南にあるのが福江・武家屋敷通り。地名も武家屋敷2丁目で、「武家屋敷通りふるさと館」が建っています。仲町と南町を結ぶ武家屋敷通りは、30石~40石取りの中級武士の武家屋敷の並んだ場所で、

常灯鼻

常灯鼻

長崎県五島市の玄関港、福江港にある幕末に構築された防波堤が常灯鼻(じょうとうばな)。30代藩主・五島盛成(ごとうもりあきら)が福江城(石田城)を築く際(三方向が海に臨む海城)、城の北東から吹き寄せる大波を防ぎ、築城工事を容易にするため築かせ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ