温泉神社(雲仙)

温泉神社(雲仙)

長崎県雲仙市、雲仙温泉街、雲仙地獄・八幡地獄に隣接して建つのが温泉神社(うんぜんじんじゃ)。大宝元年(701年)、僧・行基が開いた温泉山満明寺(うんぜんざんまんみょうじ)の鎮守・四面宮に始まり、明治2年の神仏分離で、満明寺から分かれ、温泉神社となったもの。

神仏習合時代には四面宮の総本宮だった社

神仏習合の時代には、島原惣鎮守の四面宮(しめんぐう)と称し、江戸時代には島原藩の祈願所にもなっていました。
社伝によれば、文武天皇が四面宮を雲仙に造営するよう行基に命じ、九州総守護として四面宮が創建されたのだとか。

島原半島には十数社の温泉神社がありますが、もともとはこの温泉山満明寺の鎮守・四面宮が総本社で、四面宮だったもの(長崎県神社庁によれば四面宮が起源の神社が計25社あるとのこと)。
長崎県諫早市に鎮座する諫早神社(いさはやじんや)も江戸時代は四面宮で、荘巌寺が別当でした。

昭和9年の雲仙国立公園の制定までは、温泉と書いて「うんぜん」と読ませていましたが、温泉山満明寺に由来するもの。
近世まで、雲山地獄一帯は、温泉山が管理する女人禁制の霊山で、温泉山に登拝する際には満明寺が発行する手形、「上り切手」が必要で、帰路には本坊・一乗院から「帰り切手」が発行されていました。

温泉神社(雲仙)
名称 温泉神社(雲仙)/うんぜんじんじゃ(うんぜん)
所在地 長崎県雲仙市小浜町雲仙
関連HP 雲仙市公式ホームページ
電車・バスで JR諫早駅から県営・島鉄雲仙行きバスで1時間20分、雲仙ビジターセンター前下車、徒歩5分
ドライブで 長崎自動車道諫早ICから約34km
駐車場 第一〜第五駐車場(186台、※第三駐車場は閉鎖中)、雲仙温泉神社駐車場(21台)、満明寺駐車場(13台)/有料
問い合わせ 雲仙温泉観光協会 TEL:0957-73-3434
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
雲仙地獄

雲仙地獄

雲仙温泉街の中心にあり、最も噴気活動が激しい大叫喚地獄をはじめお糸地獄、清七地獄、八万地獄、泥火山など30あまりの地獄が点在する地熱地帯が雲仙地獄。キリシタン殉教の地でもあり殉教碑が立てられています。また、映画『君の名は』(昭和28年公開)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ