鶴形山公園

鶴形山公園

岡山県倉敷市、倉敷美観地区の北東にある標高40mの小さな山が鶴形山で全体が鶴形山公園として整備され、遊歩道も設けられています。山頂には倉敷一帯を開いたと伝えられる帰化人、阿知使主(あちのおみ)の名を残す阿智神社が倉敷の総氏神として鎮座。阿智神社の境内は倉敷美観地区を一望できる絶好のビューポイントです。

倉敷発展の歴史を眼下にする展望地

中世の倉敷は亀居島(現在の鶴形山)と呼ばれる島があるのみで、周囲は吉備の穴海と呼ばれる海でした。
天正12年(1584年)に宇喜多秀家が宇喜多堤を築いて干拓し、陸地が誕生したのです。
その干拓地に植えられたのが塩害に強い綿花だったのです(綿花栽培から糸作り=紡績、織物、縫製へと発展していきました)。

干拓地を流れる倉敷川は、物資輸送に欠かせない川湊として機能したのです。
汐入川と呼ばれたのは、海からの海水が入るからで、瀬戸内海交易の船もこの汐入川に入り、物流を支えたのです。

つまりは、鶴形山公園は、かつて海だった時代の島の植生を残し、干拓と倉敷発展の歴史を眼下にする展望台ともいえるのです。

明治初年の神仏分離、廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)までは倉敷村の氏神の妙見堂が建っていたため、妙見山とも呼ばれていましたが、明治24年に鶴形山に改名。
園内は桜やツツジ、樹齢500年という阿知の藤(見頃は4月下旬~5月上旬)など花の名所としても有名です。

鶴形山南側には中世には倉敷城がありましたが、明治21年、倉敷代官所跡地とともに倉敷紡績所の事業所用地となり(本社工場跡が現・倉敷アイビースクエア)切り崩されています。

名称 鶴形山公園/つるがたやまこうえん
所在地 岡山県倉敷市本町12
関連HP 倉敷市公式観光サイト
電車・バスで JR倉敷駅から徒歩20分
ドライブで 山陽自動車道倉敷ICから約5km
駐車場 なし/周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 倉敷市公園緑地課 TEL:086-426-3495
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ