マリユドゥの滝

マリユドゥの滝

沖縄県竹富町、西表島(いりおもてじま)を流れる全長約39kmの浦内川上流に位置する、「日本の滝百選」に選定の名瀑がマリユドゥの滝。落差は16mと小さいのですが、幅は約20mあり、沖縄県内随一の水量を誇っています。マリユドゥは「丸い淀」の意。遊覧船と徒歩でアプローチという西表島らしい滝の探勝となります。

水量豊富なジャングルの滝は「日本の滝百選」選定

マリユドゥの滝

アプローチの起点は浦内川の遊覧船で8kmほど遡上した、船着場のある軍艦岩(車は浦内川遊覧船乗り場に駐車)。
軍艦岩から片道2.2kmの遊歩道を40分ほど歩くとマリユドゥの滝展望台に到達します(遊歩道は川を高巻いて登るので60mほどの高低差があります)。
展望台からは滝が3段に流れ落ちる様子が一望のもと。
そこからさらに10分ほど歩くと、滝の目の前まで降りることが可能(通行止めの場合あり)。

またマリユドゥの滝からさらに10分で、滑床のようなカンピレーの滝(カンピレー=神々の座する場所)も眺望。2つの滝を見るなら3時間ほど必要となります。
また滑りやすいので足元に十分な注意が必要。

ちなみに、1727年の『八重山島諸記帳』によれば当時、浦内川の中流部は稲葉院(イナバ)と呼ばれる聖地だったと記され、遊覧船で遡る軍艦岩までの途中には、水田跡などが草原と化した稲葉集落跡(昭和44年廃村)があります。

名称 マリユドゥの滝/まりゆどぅのたき
所在地 沖縄県八重山郡竹富町上原
関連HP 竹富町観光協会公式ホームページ
電車・バスで 遊覧船乗り場から軍艦岩まで遊覧船で30分、軍艦岩から徒歩40分
ドライブで 西表島船浦港から約8kmで浦内川遊覧船乗り場
駐車場 浦内川遊覧船乗り場駐車場を利用
問い合わせ 竹富町観光協会 TEL:0980-82-5445/FAX:0980-82-5472
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
ピナイサーラの滝

ピナイサーラの滝

西表島(沖縄県八重山郡竹富町)北部から船浦湾に注ぐ、ヒナイ川に懸かるピナイサーラの滝。ピナイとは「ひげ」、サーラとは「下がったもの」を表わし、白く垂れ下がったひげのように見えることがその名の由来です。落差54mは沖縄県最大の直瀑で、真っすぐ

サンガラの滝

サンガラの滝

西表島(沖縄県八重山郡竹富町)北部から船浦湾に注ぐ、西田川に懸かるサンガラの滝。落差3mと規模は小さいものの幅が30mと広くミニナイアガラのような感じに。地元では単に「西田川の滝」と呼ばれており、サンガラの滝はあくまで通称ということに。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ