滑川大滝

滑川大滝は、山形県米沢市の滑川温泉近くに懸かる滝で、「日本の滝百選」に選定。阿武隈川の支流・松川の上流、標高標高860m付近に懸かる落差80m、幅40mの巨瀑。現在、滑川温泉から大滝展望台への登山道の吊橋が通行禁止のため、姥湯温泉から大きく迂回する必要があります。

吊橋老朽化で、目下、姥湯温泉から迂回して観賞

滑川温泉の滑川橋近くにある駐車スペースから東大巓へ向かう登山道を30分ほど登った尾根上に大滝展望台。
滑川温泉の吊橋が老朽化のため通行禁止になっており、川の中を歩き、姥湯分岐あたりを渡渉する必要があるため、増水時は渡ることができないので注意が必要。
(地元米沢市では全面通行止めとしています/入山にあたっては確認を)

迂回路としては姥湯温泉→薬師森→滑川大滝展望台で、所要は片道2時間40分。

滑川大滝展望台から大滝沢へと下り、大滝沢を渡渉して上流に歩けば滝壺近くまで到達できます(所要40分/登山の装備が必要)。

滑川大滝 DATA

名称 滑川大滝/なめがわおおたき
所在地 山形県米沢市大沢
問い合わせ 米沢市観光課 TEL:0238-22-5111
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
滑川温泉 福島屋

滑川温泉 福島屋

山形県米沢市、東吾妻の山中、滑川大滝(日本の滝百選)近くに湧く秘湯の宿が、滑川温泉福島屋(なめがわおんせんふくしまや)。一軒宿の温泉旅館は、東吾妻連峰の一切経山への登山道途中、標高850mという高所温泉で、今も1泊2食付以外に、自炊棟での自

日本一の滝王国・山形

日本一の滝王国・山形 観賞したい20瀑を紹介!

山形県内には230もの滝(落差5m以上)があり、滝の数では日本一。全国に2488ヶ所ある(平成元年、環境省の自然環境保全基礎調査)といわれる滝のうち1割が集中することに。山形県では「日本一の滝王国 山形」をPRしています。そんな山形県から代

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ