上知我麻神社

上知我麻神社

熱田神宮の境内社の上知我麻神社(かみちかまじんじゃ)。祭神の乎止與命(おとよのみこと)は古代の尾張国を支配した尾張国造(おわりのくにのみやつこ)で宮簀媛命(みやずひめのみこと=日本武尊の妃)の父。つまり、日本武尊の死後に熱田に草薙神剣を祀った宮簀媛命の父君が祭神となっています。

熱田神宮の境内末社で境内末社で『初えびす』は盛大

上知我麻神社は両脇に、大国主社(おおくにぬししゃ・大黒様)、事代主社(ことしろぬししゃ・恵比須様)を従え、1月5日の『初えびす』は上知我麻神社と大国主社、事代主社の祭礼として盛大に齋行され、商売繁盛・家内安全を願う人々が福熊手を求める姿は、名古屋の正月の風物詩にもなっています。

『初えびす』で授与される「えびす」のお札にも商売をする人用の「あきないえびす」、サラリーマンやOL向けの「はたらきえびす」、漁業者用の「とりえびす」が用意されています。

『初えびす』でお札を受けた後には福を逃がさないように、誰とも口をきかず寄り道もせず一目散に帰宅する奇習も残されています。

かつては300mほど南にあった東海道と美濃路の分岐する追分(旧熱田区市場町)に鎮座していましたが、戦後復興の都市計画により昭和24年に現社地に遷座。
織田信長が、桶狭間の戦い(おけはざまのたたかい)の際に、東方に二条の煙が立ち上るのを見て鷲津砦(大高城の北東700mにあった/現在の鷲津砦公園)、佐久間盛重が守る丸根砦が陥落したことを知ったというのが上知我麻神社ですが、それは300mほど南の旧社地ということに。

知我麻は地名の「千竃」(ちかま=南区に千竃通が現存)と推測され、名古屋市南区あたりとする説もあり、南区本星崎町の星宮社には、境内に上知我麻神社と下知我麻神社が鎮座しています。

上知我麻神社 DATA

名称 上知我麻神社/かみちかまじんじゃ
Kamichikama Jinja Shrine
所在地 愛知県名古屋市熱田区神宮1-1-1
公式HP http://www.atsutajingu.or.jp/
電車・バスで 地下鉄名城線神宮西駅から徒歩7分
ドライブで 名古屋高速大高線堀田ランプから北へ500mの牛巻交差点を左折、500m走った先を左折で神宮東門
駐車場 400台(東門駐車場300台・西門駐車場40台・南門駐車場60台)/無料/12月31日~1月5日、6月5日は駐車場利用不可
問い合わせ 熱田神宮TEL:052-671-4151

熱田神宮

2017.03.07

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ