サンガラの滝

サンガラの滝

西表島(沖縄県八重山郡竹富町)北部から船浦湾に注ぐ、西田川に懸かるサンガラの滝。落差3mと規模は小さいものの幅が30mと広くミニナイアガラのような感じに。地元では単に「西田川の滝」と呼ばれており、サンガラの滝はあくまで通称ということに。沖縄の滝では珍しい「裏見の滝」になっています。

カヌー&トレッキングツアーで到達!

サンガラの滝

サンガラの滝へのアプローチは2通り。
船浦湾からサンガラの滝まで西田川沿いの山道を1時間ほど歩けば到達できます。
もうひとつは、船浦湾からマングローブの茂るなか、カヌーで西田川を50分ほど遡上し、遡上限界点からジャングルを20分ほど歩いて到達する方法。
「サンガラの滝 カヌー&トレッキングツアー」が用意されているので、そちらに参加すればOKです。
アウトドア会社によっては、ピナイサーラの滝とサンガラの滝、両方を探勝する欲張りなプランを用意しているところも。

サンガラの滝は、沖縄の滝では珍しい「裏見の滝」で、しかも滝の裏側に濡れることなく回り込むことができます。
西表島は隆起準平原で、島中心の台地(準平原)の縁(へり)には100を超えるという滝が懸かっていますが、アウトドア会社のツアーガイドも、「静かな滝を楽しみたいならサンガラの滝」と声を揃えます。
とくにファミリーでのんびりという場合は、サンガラの滝がおすすめです。

名称 サンガラの滝/さんだらのたき
所在地 沖縄県八重山郡竹富町上原
問い合わせ 竹富町観光協会 TEL: 0980-82-5445/FAX: 0980-82-5472
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
マリユドゥの滝

マリユドゥの滝

沖縄県竹富町、西表島(いりおもてじま)を流れる全長約39kmの浦内川上流に位置する、「日本の滝百選」に選定の名瀑がマリユドゥの滝。落差は16mと小さいのですが、幅は約20mあり、沖縄県内随一の水量を誇っています。マリユドゥは「丸い淀」の意。

ピナイサーラの滝

ピナイサーラの滝

西表島(沖縄県八重山郡竹富町)北部から船浦湾に注ぐ、ヒナイ川に懸かるピナイサーラの滝。ピナイとは「ひげ」、サーラとは「下がったもの」を表わし、白く垂れ下がったひげのように見えることがその名の由来です。落差54mは沖縄県最大の直瀑で、真っすぐ

日本のナイアガラ 15瀑

日本のナイアガラ 15瀑

本場のナイアガラの滝が有名なせいか、日本のナイアガラ、東洋のナイアガラなどと通称される滝は、なんと全国に15瀑もあります。ナイアガラの滝にスケールははるかに及ばないものの、岩質の軟らかい部分が削られて硬い部分が残る差別侵食という成因は同じも

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ