岡ミサンザイ古墳

岡ミサンザイ古墳

大阪府藤井寺市にある墳丘長242mという巨大な前方後円墳が、岡ミサンザイ古墳。古市古墳群を構成する古墳で(古市古墳群では3番目、国内でも16位という巨大古墳)、百舌鳥・古市古墳群として世界文化遺産に登録されています。

世界遺産登録の古市古墳群で3番目の巨大古墳

岡ミサンザイ古墳

岡ミサンザイ古墳という不可思議な古墳名ですが、岡は墳丘のある地名、ミサンザイは、ミササギ(陵)の転訛で、本来は「岡の陵」(おかのみささぎ)の意。
5世紀末葉(古墳時代中期)の前方後円墳で、築造当時では全国的に見ても突出する巨大古墳のため、倭の五王(わのごおう=宋の正史『宋書』に登場する倭国の5代の王、讃・珍・済・興・武)最後の武(ぶ=第21代雄略天皇に比定)の墓ともいわれています。

宮内庁は、恵我長野西陵(えがのながののにしのみささぎ、惠我長野西陵)として第14代仲哀天皇の陵に治定しています。
宮内庁が管理するため墳丘への立ち入りはできず、仲哀天皇恵我長野西陵拝所から眺望することになります。

仲哀天皇がもし実在したとしても4世紀中頃の大王ということになり、古墳が造営された年代とは一致しません。
仲哀天皇の陵墓に治定されたのは、江戸時代末の文久3年(1863年)のことで、天皇陵補修の命を受けた宇都宮藩の重臣・戸田忠至(とだただゆき)によるもの。
明治時代には「日本アルプス」の命名者で、「日本考古学の父」といわれるウィリアム・ガウランド(William Gowland)が測量、写真撮影を行なっています(『日本の初期天皇陵とドルメン』に掲載)。

古市古墳群の巨大古墳BEST7

世界遺産ID古墳名所在地墳丘長史跡指定宮内庁治定
1593-033誉田御廟山古墳羽曳野市誉田425m国の史跡応神天皇陵
1593-026仲津山古墳藤井寺市沢田290mなし仲姫命陵
1593-023岡ミサンザイ古墳藤井寺市藤井寺242mなし仲哀天皇陵
1593-025市野山古墳藤井寺市国府230mなし允恭天皇陵
1593-038墓山古墳羽曳野市白鳥225m国の史跡応神天皇陵陪冢
1593-022津堂城山古墳藤井寺市津堂208m国の史跡藤井寺陵墓参考地
1593-045軽里大塚古墳(白鳥陵)羽曳野市軽里200mなし日本武尊陵
岡ミサンザイ古墳
名称 岡ミサンザイ古墳/おかみさんざいこふん
所在地 〒5大阪府藤井寺市藤井寺4丁目
関連HP 藤井寺市公式ホームページ
電車・バスで 藤井寺駅から徒歩15分
問い合わせ 藤井寺市教育委員会事務局教育部文化財保護課 TEL:072-939-1111/FAX:072-939-1419
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
仲姫命陵古墳(仲津山古墳)

仲姫命陵古墳(仲津山古墳)

大阪府の羽曳野市と藤井寺市にまたがる古市古墳群のうち、日本第2の巨大な古墳、誉田御廟山古墳(応神天皇陵)に次いで大きい墳丘長290m、日本9位の古墳が仲姫命陵古墳(なかつひめのみことりょうこふん=仲津山古墳)。藤井寺市内にある古墳としては最

誉田御廟山古墳(応神天皇陵)

大阪府羽曳野市誉田にある古市古墳群を構成する古墳のひとつが誉田御廟山古墳(こんだごびょうやまこふん)。被葬者は判明していませんが、宮内庁により「惠我藻伏崗陵(えがのもふしのおかのみささぎ)」として第15代応神天皇の陵に治定され、「応神天皇陵

軽里大塚古墳(白鳥陵)

大阪府羽曳野市にある全長190mという巨大な前方後円墳が軽里大塚古墳(かるさとおおつかこふん)。古市古墳群のひとつに数えられています。被葬者は明らかでありませんが、宮内庁は「白鳥陵(しらとりのみささぎ)」として第12代景行天皇皇子の日本武尊

津堂城山古墳

津堂城山古墳

大阪府藤井寺市にある墳丘長208mという巨大な前方後円墳が、津堂城山古墳(つどうしろやまこふん)。古市古墳群を構成する古墳で(古市古墳群では6番目の巨大古墳)、国の史跡、さらには百舌鳥・古市古墳群として世界文化遺産に登録されています。河内平

市野山古墳

市野山古墳

大阪府藤井寺市にある墳丘長230mという巨大な前方後円墳が、市野山古墳(市ノ山古墳)。古市古墳群を構成する古墳で(古市古墳群では4番目、国内でも19位という巨大古墳)、百舌鳥・古市古墳群として世界文化遺産に登録されています。5世紀中葉から後

墓山古墳

墓山古墳

大阪府羽曳野市白鳥にある墳丘長225mという巨大な前方後円墳が、墓山古墳(はかやまこふん)。古市古墳群を構成する古墳で(古市古墳群では5番目、国内でも22位という巨大古墳)、国の史跡、そして百舌鳥・古市古墳群として世界文化遺産に登録されてい

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ