左右大神『舟戸の神楽』|東庄町

左右大神『舟戸の神楽』

毎年4月第1土曜13:00~17:00、千葉県東庄町の左右大神(さゆうだいじん=左右神社)で『舟戸の神楽』が奉納されます。山の奥の木々のなかにある霊験あらたかな左右大神の神楽殿で、天下泰平、五穀豊穣を祈願し舟戸区の若者によって、毎年4月の第1土曜に奉納されています。

白鳳年間に創建の左右大神の春の例祭に十二座神楽を奉納

東庄町に鎮座する左右大神は、白鳳年間に創建されたと伝わる古社で、伊邪那岐命(いなざぎのみこと)と伊邪那美命(いざなみのみこと)の男女二柱を祀ることが社名の由来。
『舟戸の神楽』は、4月第1土曜に、例大祭に合わせて十二座神楽を奉納するもの。
15:00〜からは、55軒の氏子や近隣から奉納されたたくさんの餅やお菓子が投げられ、振舞われます。
昭和56年に東庄町の無形民俗文化財に指定。

左右大神『舟戸の神楽』|東庄町 DATA

左右大神『舟戸の神楽』|東庄町
開催日時 毎年4月第1土曜13:00~17:00
関連HP 東庄町観光協会公式ホームページ/
所在地 千葉県香取具東庄町舟戸716
場所 左右神社
電車・バスで JR成田線笹川駅からタクシー15分。JR総武本線旭駅からタクシー20分
ドライブで 東関東自動車道佐原香取ICから約17km
問い合わせ 東庄町観光協会 TEL:0478-86-6075
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ