二見夫婦岩注連縄張り(下関市)

二見夫婦岩注連縄張り(下関市)

1月2日9:00~10:00頃、下関市で『二見夫婦岩注連縄張り』。伊勢の二見夫婦岩(ふたみめおといわ)とそっくりな二見夫婦岩があるのが下関豊北町と豊浦町との境、響灘を望む古くからの漁師町・二見浦。海岸を走る国道191号沿いの夫婦岩の注連縄が毎年1月2日、締め込み姿の青年の手によって張り替えられます。

2019年は神事のみ実施の予定

二見夫婦岩注連縄張り(下関市)

7:00頃から20間(31m)の注連縄(しめなわ)を作り始め、10:00頃に海水で禊(みそぎ)を行なった自治会男性たち15人の手で注連縄張りが行なわれます。
寒風の中、ほとばしる熱気が観る者を圧倒。

2019年は神事のみ実施の予定です。

二見夫婦岩注連縄張り(下関市) DATA

二見夫婦岩注連縄張り
開催日 1月2日
時間 9:00~10:00頃
関連HP 下関市公式ホームページ
所在地 山口県下関市豊北町北宇賀二見
場所 二見夫婦岩
ドライブで 中国自動車道下関ICから約33km
問い合わせ 山口県漁業協同組合二見支店 TEL:083-782-1003
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ