丁子屋

丁子屋

静岡県静岡市駿河区丸子、東海道丸子宿(まりこしゅく=鞠子宿)で、慶長元年(1596年)創業の老舗が、丁子屋(ちょうじや)。歌川広重の『東海道五十三次』にも描かれる宿場名物のとろろ汁は松尾芭蕉の句(梅若菜丸子の宿のとろろ汁/『猿蓑巻の五』)や十返舎一九の『東海道中膝栗毛』にも登場。

街道時代に、旅する人の楽しみだった「とろろ汁」を味わう

丁子屋

現在の丁子屋の店構えも当時の面影を残す茅葺き屋根の店構えで、特産の自然薯(じねんじょ)を使ったとろろ汁は自家製味噌の出汁(だし)で伸ばすので風味豊かなのが特徴。
北海道産の大豆100%でつくった白味噌も木樽で半年間発酵させるという味噌屋顔負けのこだわり。かつお節もなんと自家製。
「既成のものと比べ、断然、香り高くとろろを支える」とのこと。

自慢のとろろ汁に麦入りご飯、味噌汁、お新香、薬味がセットの「丸子」などセットで味わうことができます。

松尾芭蕉の句「梅若菜 丸子の宿の とろろ汁」は、元禄4年(1691年)正月、江戸に出発する門人・乙州(おとくに)に与えた餞(はなむけ)の吟。
江戸に向かうなら、鞠子の宿では名物のとろろ汁を食べる、旅にはまことによい時節ですよと道中の多幸を祈る句です。
『東海道中膝栗毛』では、弥次さん喜多さんは「名物とろろ屋」に入ったものの、店の夫婦の口げんかのためこぼしたとろろでスッテンコロリン。
「けんくはする夫婦は口をとがらせて鳶とろヽにすべりこそすれ」と詠んでいます。
店の外には芭蕉句碑、十返舎一九の碑も立っているほか、店内には丁字屋資料室も設置されています。

「丸子宿は、京に向かう旅人は宇津ノ谷峠という東海道屈指の難所を控えて旅の英気を養い、逆に江戸への人は疲れて体力を回復したかったので、俗にゴボウ5時間、ニンジン2時間、卵たちまち、山芋やたらと呼ばれた自然薯パワーにすがったのでしょう」(12代目・柴山信夫さんの話)。
実は、現在の茅葺き屋根は、12代目・柴山信夫さんが古民家を移築して、歌川広重の浮世絵『東海道五拾三次 鞠子・名物茶店』に似せた店構えにしたもの。
さらには、丸子宿の町並みの保全にも尽力したのです。

当主は14代目となる柴山広行さん。
創業者の丁子屋平吉を襲名し、「原点回帰」の気持ちで店を切り盛りしています。

丸子宿には臨済宗の名刹、吐月峰柴屋寺もあり、宇津ノ谷峠も近いので時間があれば寄り道を。

丁子屋
歌川広重『東海道五拾三次 鞠子・名物茶店』、背後の山は丸子富士
丁子屋
名称 丁子屋/ちょうじや
所在地 静岡県静岡市駿河区丸子7-10-10
関連HP 丁子屋公式ホームページ
電車・バスで JR静岡駅から静鉄バス藤枝駅行きで25分、吐月峰入口下車、徒歩3分
ドライブで 東名高速道路静岡ICから約6km
駐車場 80台/無料
問い合わせ 丁子屋 TEL:054-258-1066/FAX:054-257-1234
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
吐月峰柴屋寺

吐月峰柴屋寺

静岡県静岡市駿河区丸子にある臨済宗妙心寺派の寺、吐月峰柴屋寺(とげっぽうさいおくじ)。今川氏に仕えた連歌師・宗長(そうちょう)ゆかりの寺で、東海道鞠子宿(まりこしゅく)から見上げる丸子富士を巧みに取り入れた借景式の庭園は、国の名勝になってい

宇津ノ谷集落

宇津ノ谷集落

静岡市駿河区宇津ノ谷、宇津ノ谷峠の手前、旧東海道の面影を色濃く残す、丸子宿と岡部宿間の間の宿(あいのしゅく)の家並みが宇津ノ谷集落。「立場茶屋」として御羽織屋(石川家)が近年まで家伝の陣羽織を展示していましたが、今では閉館し、家並みを見学す

宇津ノ谷隧道(明治のトンネル)

宇津ノ谷隧道(明治のトンネル)

鞠子宿(丸子宿)と岡部宿の間にある東海道の難所、宇津ノ谷峠(うつのやとうげ)。平安の昔から現在まで東海道はこの宇津ノ谷峠を抜けています。聞き慣れない地名ですが、ユニークなのはここが「道路の博物館」ともいうべき存在なこと。明治9年開通の宇津ノ

蔦の細道

蔦の細道

静岡県静岡市駿河区宇津ノ谷と藤枝市岡部町の境、宇津ノ谷峠越えの最も古い道が蔦の細道(つたのほそみち)。律令時代の駅伝制では郡家間交通路の伝馬の道、平安時代からは官道(現在の国道)として多くの人が往来した古道で、ハイキングコースとして現存して

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ