井川湖畔遊歩道

井川湖畔遊歩道

静岡県静岡市葵区井川、大井川本川上流部に昭和32年に建設された井川ダムのダム湖、井川湖の湖畔にある遊歩道が井川湖畔遊歩道。「廃線小路」と通称されるのは井川ダムと堂平駅(貨物駅)を結んでいた昭和29年開業の中部電力専用鉄道(後の大井川鐵道井川線、平成8年に休止)の軌道を利用しているから。

往路は井川湖渡船、復路を散策というプランも

井川湖畔遊歩道

井川ダム横の井川駅と堂平駅(貨物駅)を結んでいた井川ダム、畑薙第一ダム、畑薙第二ダム建設当時の資材搬入用の軌道跡で、平成8年に休止したので、その軌道を線路が残されるままに遊歩道として再生しています。
途中には、トンネルもそのままに残され、廃線跡歩きが楽しめます。

起点となるのは、ダムサイトの井川ダム管理所近く井川ダム小公園の奥(大井川鐵道井川線・井川駅から徒歩10分)、または堂平広場。
井川ダム小公園、堂平広場ともに駐車場があります。

堂平広場から少し歩けば「夢の吊橋」もあり、井川ダム小公園を起点にして、堂平駅跡までは1.0kmで、「夢の吊橋」まで足を伸ばして徒歩35分。

さらに15分ほど頑張れば井川大仏で、井川大仏を往復して2時間弱の行程。
井川大仏から井川本村の渡船場まで歩いて(徒歩50分)、帰路は井川湖渡船(井川本村〜井川ダム/無料)に乗船する手もありますが、混雑時は乗船できないというリスクも。
片道を船にという人は、往路を井川湖渡船にして、帰路を徒歩にするのが確実です。

井川湖畔遊歩道
名称 井川湖畔遊歩道/いかわこはんゆうほどう
所在地 静岡県静岡市葵区井川
関連HP 静岡市公式ホームページ
電車・バスで 大井川鐵道井川駅から徒歩5分
ドライブで 新東名高速道路新静岡ICから約47km
駐車場 30台/無料
問い合わせ 南アルプスユネスコエコパーク井川ビジターセンター TEL:054-260-2377
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
井川ダム(井川湖)

井川ダム(井川湖)

静岡県静岡市葵区井川、大井川本川上流部に昭和32年に建設された日本最初の中空重力ダムが井川ダム。南アルプスから流れ出る水を湛えたダム湖が井川湖です。大井川鐵道井川線は、井川ダム建設のため、井川駅、堂平駅(昭和46年廃止)まで延伸。廃止された

井川展示館

井川展示館

静岡県静岡市葵区井川、井川ダムのダムサイトにある中部電力のPR施設が井川展示館。井川展示館では、水力発電の仕組みやダムの役割、大井川の自然と電気の関係などを、資料や映像を使ってわかりやすく解説している。2階の展望フロアは、ガラス越しに井川ダ

南アルプスあぷとライン(大井川鐵道井川線)

南アルプスあぷとライン(大井川鐵道井川線)

静岡県榛原郡川根本町の千頭駅から静岡市葵区の井川駅までの25.5kmを1時間50分で結ぶトロッコ列車。正式名は大井川鐵道井川線で、日本で唯一のアプト式鉄道(ラック式鉄道)。大井川の電源開発のダム建設の際に物資輸送に築かれた鉄道が観光向けに転

井川大仏

井川大仏

静岡県静岡市葵区、井川ダムのダム湖である井川湖の湖畔にある巨大な露座の大仏が、井川大仏(いかわだいぶつ)。井川診療所の歯科医だった佐藤平市郎が、60年間の健康に感謝をこめ4年の歳月をかけて建立した像高11mの大仏で、昭和55年11月1日に開

井川湖渡船

井川湖渡船

静岡県静岡市葵区井川、大井川本川上流部に昭和32年に建設された井川ダムのダム湖、井川湖の湖畔に就航するのが井川湖渡船。ダム湖の完成で分断されたアクセス路の代替で運航されるもので、井川本村〜井川ダム、井川本村〜宮向が航路で、無料で乗船可能(周

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ