畑薙大吊橋

畑薙大吊橋

静岡県静岡市葵区田代、大井川上流、畑薙第一ダムのダム湖・畑薙湖に架かるのが、畑薙大吊橋(はたなぎおおつりばし)。茶臼岳(2604m)、茶臼小屋への登山道入口にもなっている人道橋で、平成元年3月架橋。全長181.7m、川面から30mほどの高さがあり、スリルも満点。

畑薙湖の茶臼岳登山口に架かる吊り橋

畑薙大吊橋

畑薙大吊橋の東詰には、登山計画投函ポストが設置されていますが、ここから茶臼小屋までは5時間50分あまりと、雄大な山並みの南アルプス南部ならではの長い道のり。

林道東俣線管理棟ゲート(沼平ゲート)からダートの林道東俣線と2.5km歩けば、畑薙大吊橋(徒歩40分ほど)。
一帯は静岡県内有数の紅葉スポットなので、新緑、紅葉シーズンなら探訪の価値が大いにあります。
紅葉の見頃は、例年10月下旬~11月中旬頃。

大井川のさらに上流部には椹島ロッヂ(さわらじまろっぢ)があり、南アルプス南部(赤石岳、悪沢岳、聖岳、笊ヶ岳方面)の登山拠点になっています(畑薙夏期臨時駐車場から宿泊者用送迎バスが運行されています)。

畑薙大吊橋
名称 畑薙大吊橋/はたなぎおおつりばし
所在地 静岡県静岡市葵区田代〜小河内
関連HP 静岡市公式(オクシズ)ホームページ
ドライブで 新東名高速道路島田金谷ICから約88kmで沼平無料駐車場、駐車場から徒歩40分
駐車場 沼平無料駐車場を利用
問い合わせ 南アルプス井川観光会館 054-260-2377
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
畑薙湖(畑薙第一ダム)

畑薙湖(畑薙第一ダム)

静岡県静岡市葵区、南アルプスを源流とする大井川に築かれた堤高125mの中空重力式コンクリートダムが畑薙第一ダム。その美しいダム湖が畑薙湖(はたなぎこ)です。中部電力の発電用ダムで、畑薙湖が畑薙第一発電所の上池として機能し、下池(畑薙第二ダム

南アルプス接岨大吊橋

南アルプス接岨大吊橋

静岡県榛原郡川根本町、南アルプスあぷとライン(大井川鐵道井川線)・奥大井湖上駅〜接岨峡温泉駅間を流れる大井川(接岨湖)に架かる吊り橋(人道橋)が、南アルプス接岨大吊橋。全長240mという長大な吊り橋で、橋上から南アルプス南部の山々を眺望す

塩郷の吊橋(久野脇橋・恋金橋)

静岡県榛原郡川根本町の大井川に架けられた吊り橋が、塩郷の吊橋。正式名は久野脇橋(くのわきばし)ですが、塩郷の吊橋と通称されています。平成14年、合併前の中川根町の町制施行40周年で、恋金橋(こいがねばし)という愛称を付けています。大井川最長

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ