平戸城・狸櫓

平戸城・狸櫓

平戸城に残る藩政時代の唯一の櫓(やぐら)が狸櫓(たぬきやぐら)で北虎口門とともに二の丸の搦手(からめて=裏側)を守っています。正式名は多聞櫓(たもんやぐら)ですが、天保初年(1830年)頃、櫓の修理の際に狸が小姓に化けて松浦藩主の寝床に来て、このまま棲ませて欲しいと懇願したといい、以降狸櫓と呼ばれています。

平戸城に残る藩政時代の唯一の櫓

この伝説は、天保年間に平戸藩主・松浦熈(観中)が『亀岡随筆』に記しています。
平戸城の現在の登城ルートは、チケット売り場→狸櫓→天守→見奏櫓→チケット売り場前→地蔵坂櫓というのが一般的。

平戸城・狸櫓 DATA

名称 平戸城・狸櫓/ひらどじょう・たぬきやぐら
所在地 長崎県平戸市岩の上町1529
関連HP 平戸城公式サイト
電車・バスで JR佐世保駅から西肥バス平戸行きで1時間10分、市役所下車、徒歩10分
ドライブで 西九州自動車道佐世保みなとICから約36km
駐車場 レストハウス駐車場(50台)・亀岡公園グラウンド駐車場(20台)/無料
問い合わせ TEL:0950-22-2201/FAX:0950-23-3759
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
平戸城

平戸城

2018年5月31日
平戸城・北虎口門

平戸城・北虎口門

2018年5月31日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ