平戸城・北虎口門

平戸城・北虎口門

宝永4年(1707年)に完成した門で、平戸城では唯一現存する門が北虎口門。二の丸の搦手(からめて=裏側)を守る北虎口門ですが、山鹿流築城法で縄張りされた際に、隣接する地蔵坂櫓(昭和の復興)とともに北側に移動しています。乾櫓(いぬいやぐら)脇には脇虎口
という非常用の隠し門も設置され、防備が強化されています。

平戸城で唯一現存する往時の門

平戸城・北虎口門
平戸城・北虎口門

北虎口門は、石垣と石垣の間に門を渡す櫓渡し門の様式で、名前の通り攻防の拠点となる虎口(こぐち)になっています。
北虎口門から本丸に上がる階段には上下2段に設けられた二重の狭間が配されています(現在は上の白塀部分の狭間が失われています)。
実は塀の外側はすぐ外郭と海で、ここが平戸城にとっての弱点だったからです。

平戸城・北虎口門 DATA

名称 平戸城・北虎口門/ひらどじょう・きたこぐちもん
所在地 長崎県平戸市岩の上町1529
関連HP 平戸城公式サイト
電車・バスで JR佐世保駅から西肥バス平戸行きで1時間10分、市役所下車、徒歩10分
ドライブで 西九州自動車道佐世保みなとICから約36km
駐車場 レストハウス駐車場(50台)・亀岡公園グラウンド駐車場(20台)/無料
問い合わせ TEL:0950-22-2201/FAX:0950-23-3759
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
平戸城

平戸城

2018年5月31日
平戸城・狸櫓

平戸城・狸櫓

2018年5月31日
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ