霧降の滝

日光と霧降高原を結ぶ霧降高原有料道路沿いにある落差75m、幅15mの滝が霧降の滝。霧降の滝観瀑台が設けられ、原生林の合間を縫うように流れ落ちる姿を眺望できます。上下2段に分かれ、水量の多い沢水が上段の滝から落下し、岩棚に当たって霧となって飛翔するので、霧降の滝と呼ばれるようになったとか。日本の滝百選にも選定。

日光三名瀑に数えられる優美な滝

観瀑台への道

観瀑台から新緑の霧降の滝

霧降川の標高700m前後の部分に懸かるのが霧降の滝。
その姿は幻想的で、華厳の滝、裏見の滝とともに日光三名瀑のひとつに数えられています。
人気の紅葉は10月中旬〜下旬が見頃。

霧降の滝は、女峰山(2464m)の前衛峰である赤薙山(2010m)を源とする板穴川にかかる巨瀑。

崩落箇所があるため近年は滝の間近へは行けませんが、遠めから眺めるだけにその神秘な姿がより印象的に感じられます。

葛飾北斎『諸国滝廻り』「下野黒髪山きりふりの滝」

男体山は全山緑樹で包まれているので黒髪山と呼ばれていました。
霧降の滝は、実際には男体山ではなく、女峰山(2463.7m)から派生する赤薙山(2010.5m)を源流とする霧降川に懸かっています。
日光山参詣の旅人が、寄り道して鑑賞したという霧降の滝。
往時には滝壺近くまで降りる道がありました。

滝を見下ろす旅人と、滝壺から見上げる旅人が描かれており、2つの視点を意識させるという北斎らしい構図になっています。

葛飾北斎『諸国滝廻り』「下野黒髪山きりふりの滝」

霧降の滝 DATA

名称 霧降の滝/きりふりのたき
Kirifuri Falls
所在地 栃木県日光市所野
関連HP http://www.nikko-kankou.org/
電車・バスで JR日光駅・東武日光駅から東武バス霧降高原行きで8分、霧降の滝入口下車、徒歩20分
ドライブで 日光宇都宮道路日光ICから約4.7km(10分)
駐車場 100台/有料
問い合わせ 日光市観光協会TEL:0288-22-1525/FAX:0288-25-3347

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ