那須温泉神社

那須温泉神社

栃木県那須町、活火山・那須岳(茶臼岳)の登山口でもある那須湯本温泉にある那須温泉神社(なすゆぜんじんじゃ)は、第34代舒明天皇の御代(630年)に狩ノ三郎行広が白鹿を追い求め那須山中に湧く温泉を発見。そのときに建立したと伝えられる古社です。那須与一が屋島の合戦の際に戦勝を祈願したことでも有名。

那須与一ゆかりの古社には芭蕉も参拝

祭神は、大己貴命(おおなむちのみこと) 、少彦名命(すくなひこなのみこと)、 誉田別命(ほんだわけのみこと)。
『平家物語』には、那須与一が弓を放つ際に、「南無八幡大菩薩、別しては吾が国の神明、日光権現宇都宮、那須温泉大明神、願わくはあの扇の真中射させてたばえ給え・・・」と唱えたと記され、その「那須温泉大明神」がこの那須温泉神社。
那須与一が源平合戦で見事に的を射抜き、大願成就したことから、必勝祈願に訪れる人も少なくありません。

元禄2年4月19日(1689年6月6日)、松尾芭蕉も奥の細道途中に参拝し、「湯をむすぶ誓ひも同じ石清水」という句を残しています。
相殿に京の石清水八幡宮の分霊・誉田別命が勧請して合祀されているので、那須温泉神社に参詣し、その社殿の湯を手ですくうと、両神社にお参りしたことになる、これは湯が結ぶ縁であるとの意。
芭蕉は、那須温泉神社背後の殺生石を見学、さらに那須与一の宝物などを宮司から見せてもらってもいます。

例大祭は毎年10月8日・9日に斎行。
節分にに『節分追儺祭』、5月には『御神火祭』も執り行なわれています。

名称 那須温泉神社/なすゆぜんじんじゃ
所在地 栃木県那須郡那須町大字湯本182
関連HP 那須温泉神社公式ホームページ
電車・バスで JR那須塩原駅西口から東野交通バス那須岳山麓行きで50分那須湯本下車、徒歩5分
ドライブで 東北自動車道那須ICから約14km
駐車場 30台/無料
問い合わせ TEL:0287-76-2306/FAX:0287-76-2411
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
殺生石

殺生石

栃木県那須町の那須湯本温泉にある有毒な火山ガスが噴出する噴気地帯。鳥獣が近づけば命を落とすことから殺生の石と呼ばれてきました。『奥の細道』途中の松尾芭蕉が訪れるなど、昔から有名な場所。那須国立公園の景勝地の一つで、殺生石園地として整備されて

那須温泉神社・御神火祭

那須温泉神社『第31回御神火祭』|那須町|2019

2019年5月26日(日)19:30〜22:00、那須町の那須温泉神社(なすゆぜんじんじゃ)で『第31回御神火祭』。白装束に身を固めた氏子が松明を持ち那須温泉神社から殺生石(せっしょうせき)まで行列、大松明(御神火)へ火を放ち、五穀豊穣と無

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ