六波羅蜜寺

963(応和3)年に空也上人(醍醐天皇第二皇子)が開いた真言宗智山派の古刹が六波羅蜜寺で、西国三十三所第17番札所。平安後期には平忠盛が塔頭寺院に滞在したことから、平清盛、重盛は広大な寺域に京滞在の館を築いています。重要文化財の質、量において「藤原・鎌倉時代の宝庫」と呼ばれる寺となっています。

空也上人の像で有名な寺で平清盛の邸宅があった地

源平合戦、足利時代など度重なる兵火で諸堂は焼け落ちましたが源頼朝、足利義詮、豊臣秀吉とその度に再興修復が図られています。

南北朝時代の1363(貞治2)年に再建された本堂は、国の重要文化財。
8月8日〜10日に本堂内で灯芯による大文字に点火して先祖の精霊を迎え七難即滅・七福即正の祈願が行なわれる「萬燈会」が催されます。
ちなみに萬燈会によって迎えられた精霊は、16日の大文字の送り火によって送られます。

国宝の十一面観音立像(藤原時代)をはじめ、空也上人像(鎌倉時代、国の重文)、平清盛と伝わる僧形坐像(鎌倉時代、国の重文)など、平安、鎌倉時代の彫像を国宝1・重文14を所蔵。

また御利益でも庶民の崇拝を集め、毎月1日・16日は、お聖天さまの縁日、7日は巳成金弁財天(都七福神)の縁日、17日は、お観音さまの縁日(災難除・病魔除御可持)、24日は印仏供養会。
12月13日〜12月31日は『空也踊躍念仏』(重要無形民俗文化財)。
16:00〜本堂にて厳修されますが、12月31日のみ非公開になっています。

都七福神巡拝の御軸・大護符(色紙)・御宝印帖も用意。
御宝印押印は通年可能です。

ちなみに、波羅蜜とは彼岸(悟りの世界)に到ること。
六波羅蜜とは、この世に生かされたまま、仏様の境涯に到るための、布施(ふせ)、持戒(じかい)、忍辱(にんにく)、精進(しょうじん)、禅定(ぜんじょう)、智慧の6種の修行をいいます。

六波羅蜜寺 DATA

名称 六波羅蜜寺/ろくはらみつじ
Rokuharamitsuji Temple
所在地 京都府京都市東山区五条通大和大路上ル東
関連HP 六波羅蜜寺公式ホームページ
電車・バスで JR京都駅から市バス206系統で14分、清水道下車、徒歩5分。または京阪本線五条駅から徒歩5分
ドライブで 名神高速道路京都東ICから約7.5km(14分)で市営清水坂観光駐車場(駐車場から清水坂を下り徒歩8分)
駐車場 市営清水坂観光駐車場(59台/有料)
問い合わせ TEL:075-561-6980
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ