おしらじの滝

おしらじの滝

栃木県矢板市下伊佐野、八方道路と通称される栃木県道56号(塩原矢板線)途中、塩原温泉郷へと流れる桜沢の上流に懸かる滝がおしらじの滝。スッカンブルーで知られるスッカン沢の瀑布群と隣り合わせの沢ですが、美しい滝壺で長年「幻の滝」と呼ばれ、近年大注目されるのが、おしらじの滝です。

渇水期には滝が消滅する「幻の滝」

おしらじの滝

「山の駅たかはら」からスッカン沢方面に栃木県道56号(塩原矢板線)を2kmほど走った駐車場に車を入れれば、徒歩10分でおしらじの滝。
「しらじ」とは壺のこと。
普段は沢の水が少ないため、滝が枯れることから「幻の滝」と呼ばれているのです(滝壺は枯れることはありません)。

かつては地元の人もまったく知らない滝で、しかも雨上がりなどしか現れないため、まさに幻の滝でしたが、平成29年度から3年間にわたって展開したJRグループのデスティネーションキャンペーン「本物の出会い 栃木」で注目されるようになり、訪れる人が急増したのです。

「雪解け時や、雨上がりの午前中など、沢の水が増える時がチャンス。ただし同時に落石の危険も生じるから注意が必要。晴れが続くと滝そのものが無くなってしまいます」とは、常連のカメラマンのアドバイス。

観瀑台から滝を眺める仕組みで、観瀑台から先は立入禁止になっています(滝壺の水温が低いため、死亡事故が発生しています)。
またツキノワグマが生息するため、「山の駅たかはら」で熊よけ鈴のレンタルも実施。

おしらじの滝の下流には咆哮霹靂の滝(ほうこうへきれきのたき)、雷霆の滝(らいていのたき)があり、「山の駅たかはら」から沢沿いに徒歩で到達。
おしらじの滝だけは、単独で探勝することとなり、おしらじの滝と他の滝とを連絡する道はありません。

注/使用する画像は、滝壺周辺の立ち入り規制以前に撮影したものが含まれます

おしらじの滝
おしらじの滝
名称 おしらじの滝/おしらじのたき
所在地 栃木県矢板市下伊佐野
関連HP 矢板市公式ホームページ
ドライブで 東北自動車道矢板北スマートICから約20km、西那須野塩原ICから約21km
問い合わせ 矢板市商工観光課 TEL:0287-43-6211
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
スッカン沢

スッカン沢

栃木県那須塩原市、八方道路と通称される栃木県道56号(塩原矢板線)途中、素簾の滝(それんのたき)、仁三郎の滝、雄飛の滝(ゆうひのたき)のある沢がスッカン沢。高原山のカルデラ跡を水源とし、「スッカンブルー」と呼ばれる青い沢の水がSNSなどで話

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ