ところミュージアム大三島

ところミュージアム大三島

愛媛県今治市大三島町、しまなみ海道途中、大三島の西岸(しまなみ海道は東岸)に建つ今治市立の美術館が、ところミュージアム大三島。平成16年春に開館した現代アートの美術館で、館内に設けられたテラスからは瀬戸内海の多島美を眺望します。

ノエ・カッツ『キッシング・ドア』が来館者を出迎える

ところミュージアム大三島

横浜の実業家・所敦夫が寄付し、所敦夫が理想とする「色と一緒に楽しめる美術館」、「現代アートのコレクションを収蔵・展示する美術館」として平成16年に開館。
収蔵作品は、ノエ・カッツ『キッシング・ドア』“Kissing Doors”、トム・ウェッセルマン『花の灯台』“Scribbled Tulip”、ジャコモ・マンズー、マリソール、そして林範親『K・I・O・S・K 3・4番ホーム』、深井隆『逃れゆく思念-垂直の時間-』、池田宗弘『旅人・雨上がる-過ぎて来た村-』など30余点。
入口の扉が、ノエ・カッツ『キッシング・ドア』“Kissing Doors”という点にもまずは注目を。
見つめ合う男女が来館者を迎え入れるという異色の構造で、ピエトロ寺院大聖堂の門扉を制作したジャコモ・マンズーの彫刻などが自然光が降り注ぐ館内に配置されています。
最下層のフロアが、瀬戸内海を眺めるオープンテラスです。

ただし、自然斜面を活かした階段状の構造のため、バリアフリーにはなっていないので注意が必要。

ところミュージアム大三島を寄付した所敦夫が招請してオープンしたミュージアムが、隣接する伊東豊雄建築ミュージアム。
やはり今治市立の施設で、世界的建築家・伊東豊雄の活動、伊東氏が塾長を務める伊東建築塾が中心になって取り組む「日本一美しい島・大三島をつくろうプロジェクト」の活動内容を紹介しています。

今治市には、市立の美術館だけで、ところミュージアム大三島のほか、大三島美術館、旧玉川町の玉川近代美術館、河野美術館の4館があり、文化・芸術の町としても注目されています。

ところミュージアム大三島
名称 ところミュージアム大三島/ところみゅーじあむおおみしま
所在地 愛媛県今治市大三島町浦戸2362-3
関連HP 今治市公式ホームページ
ドライブで 瀬戸内しまなみ海道大三島ICから約15km
駐車場 5台/無料
問い合わせ ところミュージアム大三島 TEL:0897-83-0380
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
大三島美術館

大三島美術館

愛媛県今治市、「しまなみ海道」途中の大三島の大山祇神社に隣接した現代日本画をメインに扱う今治市立の美術館が、大三島美術館。館内の壁面は和紙で覆われ、やわらかく落ち着いた雰囲気を醸し出しています。昭和15年以降に生まれた作家の作品を中心に10

河野美術館

河野美術館

愛媛県今治市、今治城の西にある今治市立の美術館が、河野美術館(こうのびじゅつかん)。帝国判例法規出版社の代表で今治名誉市民第1号でもある河野信一から寄贈を受けた氏のコレクションを展示する美術館。茶室は河野邸から移築したもの。松尾芭蕉の書画か

玉川近代美術館

玉川近代美術館

「美しい町の小さな美術館」をコンセプトに造られた愛媛県今治市玉川町にある市立美術館で、徳生忠常(とくせいただつね)が設立、旧玉川町に寄贈したもの。徳生氏は旧玉川町に生まれ、東京に出て月賦販売会社「丸興」(現・OMCカード)経営で成功を収めて

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ