大三島美術館

大三島美術館

愛媛県今治市、「しまなみ海道」途中の大三島の大山祇神社に隣接した現代日本画をメインに扱う今治市立の美術館が、大三島美術館。館内の壁面は和紙で覆われ、やわらかく落ち着いた雰囲気を醸し出しています。昭和15年以降に生まれた作家の作品を中心に1000点ほどを収蔵、展示しています。

現代の人気日本画家の作品を鑑賞

大三島美術館

現代日本画では、記念展示室が設けられた田渕俊夫(たぶちとしお)、を中心に中島千波(なかじまちなみ)、竹内浩一、洋画では郷土出身の野間仁根らの作品が展示されています。
代表的な収蔵作品は中島千波『精樹大楠』、竹内浩一『病む鳥』など。

今治市には、市立の美術館だけで、大三島美術館のほか、今治市出身の実業家・河野信一の寄付で生まれた市立の「河野美術館」、旧玉川町の玉川近代美術館、現代アートのところミュージアム大三島の4館があり、文化・芸術の町としても注目されています。

大三島美術館
名称 大三島美術館/おおみしまびじゅつかん
所在地 愛媛県今治市大三島町宮浦9099-1
関連HP 大三島美術館公式ホームページ
電車・バスで JR今治駅前から瀬戸内運輸・伊予鉄道の高速バス(共同運行)で50分、大三島バスセンター下車、瀬戸内海交通バス宮浦港行きで11分、大山祇神社前下車
ドライブで 西瀬戸自動車道大三島ICから約7km
駐車場 藤公園町営駐車場(50台/無料)
問い合わせ 大三島美術館 TEL:0897-82-1234
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

大山祇神社

「瀬戸内しまなみ海道」(西瀬戸自動車道)の走る芸予諸島北部、愛媛県今治市の大三島(おおみしま)宮浦港の東に位置する大山祇神社(おおやまづみじんじゃ)。創建の歴史は古く、神話の時代、神武天皇の東征に先駆けて芸予海峡の要衝である御島(みしま=大

河野美術館

河野美術館

愛媛県今治市、今治城の西にある今治市立の美術館が、河野美術館(こうのびじゅつかん)。帝国判例法規出版社の代表で今治名誉市民第1号でもある河野信一から寄贈を受けた氏のコレクションを展示する美術館。茶室は河野邸から移築したもの。松尾芭蕉の書画か

ところミュージアム大三島

ところミュージアム大三島

愛媛県今治市大三島町、しまなみ海道途中、大三島の西岸(しまなみ海道は東岸)に建つ今治市立の美術館が、ところミュージアム大三島。平成16年春に開館した現代アートの美術館で、館内に設けられたテラスからは瀬戸内海の多島美を眺望します。ノエ・カッツ

玉川近代美術館

玉川近代美術館

「美しい町の小さな美術館」をコンセプトに造られた愛媛県今治市玉川町にある市立美術館で、徳生忠常(とくせいただつね)が設立、旧玉川町に寄贈したもの。徳生氏は旧玉川町に生まれ、東京に出て月賦販売会社「丸興」(現・OMCカード)経営で成功を収めて

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ