鳥取砂丘遊覧ラクダ(らくだや)

日本海に沿って東西16km、南北2kmにわたって広がる鳥取砂丘は、日本離れしたダイナミックな砂漠のような景観が楽しめる場所。10万年という気の遠くなるような長い歳月をかけて運ばれてきた砂浜が丘陵となって続いています。砂漠といえば連想するのはラクダ。そのラクダに乗って砂丘遊覧ができるのが「駱駝屋」(らくだや)です。

ラクダと記念写真もOK

一周5〜6分のコースでも、ラクダの背の上からはゆっくりと雄大な砂丘の広がりが見渡せます。定員2名まで。ラクダに乗って、あるいはラクダと一緒の記念撮影だけも可能。
乗り場付近を回るのみで、馬の背(特別保護区内/第2砂丘列)への立ち入りはできません。また、お盆、ゴールデンウィークの期間内は、らくだの疲労度の関係上、子供のみという場合があることに留意を。

昭和35年、初代の駱駝屋社長が、加藤まさをの詩に曲をつけた童謡の『月の沙漠』をイメージして、ラクダを鳥取砂丘に導入したのが始まり。昭和50年にはサボテン料理なども考案しましたが、今ではラクダ遊覧と土産販売のみになっています。ちなみに、『月の沙漠』念頭に置かれていたのはアラビアの情景で、静岡県焼津市(旧大井川町)の吉永海岸あるいは、御宿海岸(千葉県)の砂浜に着想を得ています。

ラクダでの遊覧も楽しい

鳥取砂丘遊覧ラクダ(らくだや) DATA

名称 鳥取砂丘遊覧ラクダ(らくだや)/とっとりさきゅうゆうらんらくだ(らくだや)
所在地 鳥取県鳥取市福部町湯山2164-449
電車・バスで JR鳥取駅から日ノ丸バス砂丘行きか岩井行きで20分、砂丘センター下車、すぐ
ドライブで 鳥取自動車道鳥取西ICから7.5km(14分)
駐車場 70台/無料
問い合わせ TEL:0857-23-1735
関連HP 鳥取砂丘らくだや公式ホームページ
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
日本三大砂丘

日本三大砂丘とは!?

2018年11月4日

鳥取砂丘

2016年12月2日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ