桑ノ木の滝

桑ノ木の滝

和歌山県新宮市郊外、高田川(熊野川支流)の支流、桑ノ木渓谷にかかる落差21m、幅8mの滝。和歌山県では那智の滝(那智勝浦町)、八草の滝(白浜町)と並んで、日本の滝百選に選定される滝。苔むした岩肌に勢い良く落下する滝は神秘的です。

日本の滝百選に選定される名瀑

和歌山県道230号(高田相賀線)の相賀バス停近くにある桑ノ木の滝滝入口から滝壺までは、徒歩15分ほど。

相賀八幡神社を通り、桑ノ木の滝までの道は木立が茂る林道で、ハイキングにも最適。
揺れる吊り橋を渡り、木道が整備されていますが、後半は山道となるので足回りはしっかりと。
かつて滝の周囲に桑の木(ヤマグワ=クワ科クワ属の落葉樹)が生えていたことが滝名の由来。

桑ノ木の滝
名称 桑ノ木の滝/くわのきのたき
所在地 和歌山県新宮市相賀
関連HP 新宮市公式ホームページ
電車・バスで JR新宮駅から熊野交通バス高田行きで30分、相賀下車、徒歩10分
ドライブで 阪和自動車道南紀田辺ICから約83km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 新宮市商工観光課 TEL:0735-23-3333
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

八草の滝

和歌山県白浜町の大塔日置川県立自然公園内にある滝で、全国的にはまだまだ無名ですが、「日本の滝百選」に選定。対岸から遠望することもできますが、駐車場から滝壺近くまで到達する遊歩道が整備されています。近くには鍋津呂滝(なべつろのたき)もあるので

那智の滝

華厳滝、袋田の滝とともに日本三名瀑のひとつ、そして日本の滝百選に数えられる那智の滝。那智大滝として国の名勝にもなっています。落差133m、幅13m、滝壺の深さ10mの大滝で、平安時代以降、聖地として知られ、滝自体が熊野那智大社の別宮・飛瀧神

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ