陸中黒埼灯台

陸中黒埼灯台は、三陸復興国立公園・黒崎の先端、海抜130mの断崖に立つ白亜の陸中黒埼灯台(灯火標高142.85m)。昭和22年に黒崎漁業協同組合が「譜代灯柱」として点灯した歴史があるユニークな灯台です。光達距離は29.5海里(約54km)で、東北一遠くまで届くといわれています。日本の灯台50選にも選定。

海抜130mの断崖に建つ白亜の灯台

初点灯は昭和27年7月1日(当初の名称は普代灯台、昭和41年6月に陸中黒埼灯台に改名)。
塔高11.95m、灯火標高は142.85mでいかに高台にあるのかがよくわかります。

灯台の入口には北緯40度シンボル広場がありますが、陸中黒埼灯台はほぼ北緯40度に位置しています。
日本海側ではちょうど男鹿半島の入道埼灯台が北緯40度となっています。

灯台近くには「国民宿舎くろさき荘」があり、基地に絶好です。

北緯40度シンボル広場
 

陸中黒埼灯台 DATA

名称 陸中黒埼灯台/りくちゅうくろさきとうだい
所在地 岩手県下閉伊郡普代村第2地割‎
関連HP http://www.vill.fudai.iwate.jp/
電車・バスで 三陸鉄道北リアス線普代駅からタクシーで10分
ドライブで 東北自動車道軽米ICから約77km(1時間30分)
駐車場 100台(国民宿舎くろさき荘前・黒崎展望台入口)
問い合わせ 普代村商工観光課TEL:0194-35-2115

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ