出羽桜美術館

出羽桜美術館

山形県天童市、出羽桜酒造の3代目社長、仲野清次郎が蒐集した新羅(しらぎ)、高麗(こうらい)、李朝(りちょう)といった韓国の古い陶磁器や工芸品を保存、展示する美術館が出羽桜美術館。明治時代末に建てられた木造瓦葺の蔵元の主屋・住宅蔵(国の登録有形文化財)を展示室として再生しています。

建物は国の登録有形文化財に

他社に先駆けて吟醸酒や生酒を発売するなど(昭和55年=「桜花吟醸酒」発売、昭和57年=生酒・長期熟成酒発売)、当時としては革新的な日本酒を発売し、「出羽桜=吟醸酒」という地位を確立した3代目・仲野清次郎。
利益の社会還元として、昭和63年に、財団法人として「出羽桜美術館」を開館、平成5年に分館として「斎藤真一心の美術館」を設立しています。
出羽桜美術館に使われる旧仲野家住宅主屋、住宅蔵(1階に書院風座敷)は、明治45年築。
昭和62年に現在地に移築され、美術館に再生されたもの。

出羽桜美術館の展示内容は季節によって変化しますが、李朝の白磁などは必見。

天童市内には、出羽桜美術館のほか、広重美術館、天童市美術館と3館の美術館があります。

出羽桜美術館
名称 出羽桜美術館/でわざくらびじゅつかん
所在地 山形県天童市一日町1-4-1
関連HP 出羽桜美術館公式ホームページ
電車・バスで JR天童駅から山形交通バス山形行きで3分、一日町下車、すぐ
ドライブで 東北自動車道天童ICから約5km。山形自動車道山形北ICから約7.3km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 出羽桜美術館 TEL:023-654-5050
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
広重美術館

広重美術館

山形県天童市、江戸末期の浮世絵師、歌川広重(うたがわひろしげ)の作品を収蔵展示する美術館が広重美術館。広重生誕200年を記念 して平成9年4月に開館。羽州天童藩(織田家)と歌川広重とは深い関係があり、財政難にあえぐ天童藩主の依頼によって描い

天童市美術館

天童市美術館

山形県天童市にある山形県内初めての公立美術館として、平成2年10月4日に開館したのが天童市美術館。天童市立図書館に隣接し、市民文化会館、中央公民館とともに芸術文化ゾーンを形成しています。収蔵品展のほか、国内外の優れた美術作品を企画展で公開し

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ