新庄駅機関庫

新庄駅機関庫

山形県新庄市多門町、山形新幹線「つばさ」が停車するJR新庄駅。奥羽本線、そして起終点となる陸羽西線、陸羽東線の分岐する駅で、明治36年に新庄駅の開業と同時に竣工したレンガ造りの新庄駅機関庫、転車台が現存し、経済産業省の近代化産業遺産に認定されています。

明治36年竣工のレンガ造り機関庫が現役!

奥羽本線の真室川駅〜院内駅間の雄勝峠(板谷峠、矢立峠とともに奥羽本線の三大難所)では、かつての信越本線の碓氷峠越えと同様に補助機関車が使われたため、新庄機関庫は重要な役割を担っていたのです。
機関庫として今も現役で使われているため、見学は不可。

レンガはオランダ積み(イギリス積みの変形)という積み方。
転車台は少し離れた場所に移設されています。

JR新庄駅の関連遺産(レンガ造機関庫、転車台)として経済産業省の「全国に遍く人と物を運び産業近代化に貢献した鉄道施設の歩みを物語る近代化産業遺産群」として近代化産業遺産に認定(東北では、福島県会津若松市の旧会津若松機関区の関連遺産として扇形機関庫、転車台が認定されています)。

新庄駅機関庫
名称 新庄駅機関庫/しんじょうえききかんこ
所在地 山形県新庄市多門町1-1
関連HP 新庄市公式ホームページ
駐車場 1000台/無料
問い合わせ JR新庄駅 TEL:0233-22-5580
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ