新昌寺・鳥居強右衛門の墓

新昌寺・鳥居強右衛門の墓

愛知県新城市有海稲場にある曹洞宗の寺、新昌寺。境内には長篠の合戦で非業の死を遂げた鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の墓があります。武田軍が包囲する長篠城から脱出し岡崎城へと援軍を要請に走り、その帰路、武田軍に見つかり磔死(たくし)したのが鳥居強右衛門です。

「三河武士の鑑」と伝わる鳥居強右衛門の墓

「援軍は来ない。諦めて城を開け」と叫べば助命すると武田軍から嘘を伝えるように強要されますが、鳥居強右衛門は承諾するように見せかけながら「あと二、三日で、数万の大軍が救援にやってくる。それまで持ち堪えよ」と籠城軍に知らせ、磔死。
この英雄的な行動で、籠城した500余の将兵はなんとか織田・徳川連合軍の到着まで持ちこたえ、戦局は一気に織田・徳川方へと傾いたのです。
この鳥居強右衛門の行動は、後世に「三河武士の鑑」として伝えられ、今も長篠の戦いを描く大河ドラマなどのハイライトシーンのひとつになっているのです。

奥平信昌(おくだいらのぶまさ=長篠の戦い当時は奥平貞昌で、長篠の戦いで武田勝頼に離反、貞昌は長篠城に籠城し、鳥居強右衛門に命じて岡崎城に援軍を要請)の家臣だった鳥居強右衛門は、籠城する長篠城から眼下にする有海原の篠場野で磔(はりつけ)となりますが、墓は同じ有明村(現・新城市有海)の新昌寺に。
新東名高速道路の建設で移転した墓は新しい土台の立派なもの。
墓石には、「わが君の命に替る玉の緒をなどいといけん武士の道」 という辞世の句が記されています。

亡骸は慶長8年(1603年)、奥平氏により作手(新城市作手鴨ケ谷)の甘泉寺に移され、甘泉寺にも墓があります(一説には織田信長が作手に建立したとも)。
作手村市場郷は鳥居強右衛門の妻の出身地です。
新昌寺に墓が建立されたのは、宝暦13年(1763年)のこと。

なお、鳥居強右衛門の子孫は忍藩(現・埼玉県)・奥平松平家(奥平信昌の四男、松平忠明が祖)の家老として存続しています。

新昌寺・鳥居強右衛門の墓
名称 新昌寺・鳥居強右衛門の墓/しんしょうじ・とりいすねえもんのはか
所在地 愛知県新城市有海稲場2
関連HP 新昌寺公式ホームページ
電車・バスで JR鳥居駅から徒歩5分
ドライブで 新東名高速道路新城ICから約3.5km
駐車場 長篠城址駐車場(50台/無料)を利用
問い合わせ 新昌寺 TEL:0536-25-0553
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
鳥居強右衛門磔死之碑

鳥居強右衛門磔死之碑

愛知県新城市、長篠城(ながしのじょう)を眼前にする有海原の篠場野に立つ碑が鳥居強右衛門磔死之碑(とりいすねえもんたくしのひ)。長篠の戦いの際、徳川家康(岡崎城)への救援要請という重要な使命を負って豊川を泳ぎ下って長篠城の包囲網突破に成功した

長篠城址

長篠城は、今川氏親の家臣、菅沼元成が1508(永正5)年に築いた城。1575(天正3)年の長篠の戦いで、時の城主・奥平貞昌(おくだいらさだまさ=奥平信昌)がわずか500の兵で籠城し、1万5000という大軍を擁した武田勝頼の猛攻を凌ぎ、織田・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ