金山神社

金山神社

愛知県名古屋市熱田区、名古屋の副都心、金山の地名の由来にもなっている神社が金山神社(かなやまじんじゃ)。もともとは熱田神宮修理の鍛冶職である尾崎氏の宅跡で、熱田台地で冶金(やきん)を起こした尾張鍛冶発祥の地となっています。

熱田神宮の鍛冶職の尾崎氏が勧請した社

応永年間(1394年~1427年)、熱田神宮の鍛冶職だった尾崎善光が鍛冶の神様である金山彦命(かなやまひこのみこと)を勧請して創建。

江戸時代には岡谷家(現・岡谷鋼機=鉄鋼、機械などを扱う独立系商社)など金物商の信仰が隆盛となり、金物業界の有志が金榮・升榮の二講を結んで社殿を造営。
金山の氏神で、現在でも愛知県内の金属業者の信仰を集めています。

例祭の『ふいごまつり』は、鞴(ふいご)を使った時代を今に伝える祭りで毎年11月8日に盛大に齋行されています。

ちなみに、保元の乱に敗れた源為朝(みなもとのためとも)の次男・尾頭義次はこの近くに館(尾頭城/金山神社西の住吉神社あたりと推測されている)を構えたと伝えられています。

金山神社
名称 金山神社/かなやまじんじゃ
所在地 愛知県名古屋市熱田区金山町1-16−19
電車・バスで JR・地下鉄金山駅から徒歩5分
ドライブで 名古屋高速都心環状線東別院出口から約2.5km。または、名古屋高速3号高辻出口から約3km
駐車場 なし/周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 金山神社社務所 TEL:052-682-7868/FAX:052-682-7868
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ