清寿院の柳下水

清寿院の柳下水

愛知県名古屋市中区大須の大須観音通り商店街にあるかつての「名古屋三名水」に数えられた井戸の跡が柳下水の井戸。尾張名古屋の三名水は亀尾志水(亀尾の清水/東区白壁2丁目七尾天神社)と蒲焼町の風呂屋の井戸(扇風呂の井水/中区錦3-13-22いば昇)とここ清寿院の柳下水(せいじゅいんのりゅうかすい)といわれています。

名古屋三名水のひとつが大須観音通り

尾張藩士・高力種信(高力猿猴庵)の『尾張名陽図会』には文化・文政前後の尾張名古屋の情景が詳細に記されていますが、そのなかで、「名古屋の三名水」として、亀尾の志水、風呂屋の井戸、清寿院の井戸(清寿院の柳下水)が選ばれています。

清寿院の井戸(清寿院の柳下水)は化粧水にも最適で、名古屋城中からも女中達が汲みに来たという名水。
清寿院は修験道当山派の寺で、富士山観音寺とも称しましたが、寛文7年(1667年)、藩命により清寿院と改めています。
明治初年の廃仏毀釈で廃寺となり、現在は鎮守社の富士浅間神社のみが残されています。
当時、境内では芝居、見世物小屋なども出て大いに賑わったと伝えられています。

柳下水は清寿院の中門前にあり、将軍家上洛のときには、 その飲用水として用いられたもの。
現在は大須観音通り商店街の一角のお洒落なカフェ「シャポーブラン 大須本店」(令和2年3月閉店)の店横の一角に井戸が残されています。

大須観音通りはかつての浅間通り。
柳下水の井戸(清寿院の井戸)のある場所も戦前は太陽館という映画館が建っていました。
明治43年に鶴舞公園で開かれた共進会を契機として明治45年に開かれた古い映画館です(昭和初期、大須には23館もの映画館が存在)。
その太陽館も昭和60年に閉館しています。

名称 清寿院の柳下水/せいじゅいんのりゅうかすい
所在地 愛知県名古屋市中区大須2-16-26地先
電車・バスで 地下鉄鶴舞線大須観音駅から徒歩5分
ドライブで 名古屋高速2号東山線白川出口から約1km。または、名古屋高速都心環状線東別院出口から約1.5km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
富士浅間神社(大須)

富士浅間神社(大須)

愛知県名古屋市中区大須にある長屋の富士講(富士山信仰)の歴史を今に伝える社が富士浅間神社。明応4年(1495年)、 後土御門天皇(ごつちみかどてんのう)の勅命で、駿河国(静岡県)富士宮の富士権現(現・冨士山本宮浅間神社)から分霊を勧請して創

那古野山古墳(那古野山公園)

那古野山古墳(那古野山公園)

愛知県名古屋市中区大須、大須観音近くにある大須古墳群のひとつが那古野山古墳(なごのやまこふん)。5世紀中~後半に建造されたと推測される前方後円墳ですが後円部だけが現存し、那古野山公園となっています。江戸時代に修験道の寺、富士山観音寺(清寿院

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ