西ノ浜の風力発電(渥美風力発電所)

西ノ浜の風力発電(渥美風力発電所)

愛知県田原市、渥美半島先端部の三河湾側にある西浜(西ノ浜)にある海岸沿いに7基(5基+2基)が連続する風車群が西ノ浜の風力発電。渥美風力発電所で、アメリカ・GEウィンド・エナジー社製、塔高64m、ロータ直径70.5mの風車が回っています(発電量は1基あたり1500kW)。

三河湾沿いに7基の風車が並ぶ

冬の季節風を受ける、渥美半島では、半島基部の田原臨海風力発電所(11基)を筆頭に、蔵王山展望台風力発電所など30基以上の風車が回っていますが、もっとも風光明媚な場所が西ノ浜の風力発電で、「美しい愛知づくり景観資源600選」にも選定されています。

風車群、海岸沿いに11kmに渡って続く松林は、伊良湖開拓地海岸防災林です。

田原市では、平成17年の愛知万博をきっかけに、「たはらエコ・ガーデンシティ」構想と名付けられたエコ計画が始まり、年間平均風速3.7m/s、年間日照時間2200時間という環境を活かして風力発電施設や太陽光発電施設が建設されています。

西ノ浜の風力発電(渥美風力発電所)
名称 西ノ浜の風力発電(渥美風力発電所)/にしのはまふうりょくはつでん(あつみふうりょくはつでんしょ)
所在地 愛知県田原市小中山町
関連HP 渥美半島観光ビューロー公式ホームページ
ドライブで 東名高速道路豊川ICから約53km
問い合わせ 渥美半島観光ビューロー TEL:0531-23-3516
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
伊良湖開拓地海岸防災林

伊良湖開拓地海岸防災林

愛知県田原市、伊良湖半島の三河湾側、西浜と呼ばれる海岸沿いに植栽された幅300m〜700m、全長11km、広さ443haにも及ぶ広大な松林が伊良湖開拓地海岸防災林。広大な松林は、日本の白砂青松100選にも選定されています。その一角に休暇村伊

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ