岡崎市東公園動物園

岡崎市東公園動物園

愛知県岡崎市にある昭和3年開園という歴史ある都市公園、東公園内にある動物園が岡崎市東公園動物園。昭和58年5月1日にオープンした動物園で、開園当時から入園無料。世界家畜動物園構想で誕生した動物園で、アジアゾウの「ふじ子」、ニホンザル、ニホンジカ、リスザル、ヒツジ、ウサギなどを飼育しています。

餌やり体験、小動物とのふれあいも人気

ふれあい広場では、モルモット、カメ、ヒツジ、ヤギ、ウサギ(フレミッシュジャイアント)のふれあい体験を実施。
ウマ舎ではポニーの乗馬体験、ミニチュアホースのふれあいタイムなども行なわれ、ともに幼児たちに人気です。
また、アジアゾウの「ふじ子」、シカ、ニホンザル、水鳥に、園内で販売の餌を与えることもできますが、エサの販売時間が限定されるのでご注意を(とくにアジアゾウの「ふじ子」は、日によって異なります)。

岡崎市東公園動物園
名称 岡崎市東公園動物園/おかざきしひがしこうえんどうぶつえん
所在地 愛知県岡崎市欠町大山田1
関連HP 岡崎市公式ホームページ
電車・バスで 名鉄東岡崎駅から市民病院行きバスで20分、東公園口下車、徒歩5分
ドライブで 東名高速道路岡崎ICから約2km
駐車場 東公園北駐車場・南駐車場、東駐車場(419台/無料)
問い合わせ 動物総合センター TEL: 0564-27-0456 /FAX:0564-27-0422
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東公園

東公園

愛知県岡崎市の東公園(ひがしこうえん)は26.9ha(ナゴヤドーム5個分)という広大な敷地を誇る都市公園。昭和3年開園という歴史ある公園で、園内に2900平方メートルの花菖蒲園が整備されています。岡崎市東公園動物園、恐竜モニュメントなどもあ

本多光太郎資料館

本多光太郎資料館

愛知県岡崎市の東公園の園内にある資料館が本多光太郎資料館(ほんだこうたろうしりょうかん)。日本の物理学者、金属工学者(冶金学者)で、「鉄鋼の父」とも称される本多光太郎博士は、愛知県碧海郡矢作町(現・岡崎市)の出身で、資料館は博士が勉学に励ん

志賀重昂墓所

志賀重昂墓所

愛知県岡崎市の東公園(ひがしこうえん)にあるのが志賀重昮墓所(しがしげたかぼしょ)。志賀重昮は、文久3年11月15日(1863年12月25日)、三河国岡崎康生町(現・岡崎市康生町)に生誕。札幌農学校などに学び、世界的な地理学者となって、『日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ